Latest Entries

脳内おでん100%

寒い!
12月の気温と聞き、
大手を振って、灯油ヒーターを使い始めました。

北海道生まれは、家の中の寒いのに、堪えられない。
家族の手前、設定温度20度で我慢しているけれど、
北海道にいたら、家の中、23~25度くらいは普通だと思う。


おでん

そして、今は、おでんを仕込中。
朝、出かける用があり、帰りに買い物してきたけれど、
あまりの寒さにもう、脳内はおでん100%。
雨の中、大根やら、練りもののおでんだねやら、お餅の巾着やら、買ってきました。
大根と卵の下ゆでがおわり、
今から煮込めば、夕飯にはおいしいおでんが食べられるぞ。
おまけに、煮込みの熱で、お部屋もあったか!
家中、おでんの匂いですが、まあ、冬のコンビニと同じと思えば、がまんできますね。

福島原発訴訟地裁勝利

前橋地裁に次ぐ、快挙です。

これでも、再稼働進めようとするのが
自民党、希望の党。
とくに、
原発ゼロを掲げながら、再稼働を認めるという小池百合子さんには、
だまされないで。


続きを読む

「前略おふくろ様」再放送にどはまり

日本映画チャンネルでやっている「前略おふくろ様」
(もちろん再放送)を、先日、ちょっと見たのが運のつき。
そのおもしろさにどはまりして、第一シリーズ、9話から24話まで録画。

倉本聰、すごいひとだね。

リアルタイムでみていた記憶があるけれど、(1975年から77年まで放送)
今回見て、あの頃見たときの笑えるドラマという印象とはかなり違っていて、
最後のほうは、かなり泣いた。
下町の群像劇になっていて、一人ひとり、人間味あふれる言動もよく描かれているし、
「前略おふくろ様」で始まるサブちゃんの語り口や、その萩原健一(ショーケン)の
新鮮な演技は哀切を感じて、目が離せなかった。
年老いていく親世代の人たちが、どんどん、社会の端に追いやられていく理不尽さに、
不器用な生き方しかできないサブちゃんが、がまんできずに、
抵抗する、その様は、今、本当に心に響いてきます。

無理矢理泣かせるためにストーリー作ったりしないで、
登場人物が自然な流れでストーリを紡ぎだしていくようなところもいい。
ほんとに、いいドラマだった。
1~8話、見逃がしたのが悔やまれます。

いつもお米やカボチャを田舎から送ってくれる兄に、
DVDを送ってあげよう、と思っています。



宇都宮の事件、違和感はまちがっていなかった

先日、宇都宮の障害者施設の暴行事件で、
違和感を感じる、と書いたのですが、
やはり、まちがっていなかったようです。

栃木県警が、施設にかかわっていた県警OBの男2人と、
暴行があったとされる当時に施設長を務めていた男の計3人を逮捕したということです。
証拠隠滅の容疑、のようです。

報道は、流された段階で、記者、ジャーナリストの価値観が入っているものなので、
ニュースに違和感を感じるときは、
たとえば、関係者として出ている証言者が
後に犯人として逮捕されたりすることもめずらしくない。
今回も、もしかすると、報道する人が何らかの疑いを持っていたのかもしれませんが。
ともかく、自分が感じる「違和感」は、その時点では意味がわからなくても、
何かしらの根拠が潜んでいることがあります。

そう思って、近頃のニュースでの、小池さんの発言を聞いていると、
常に違和感を感じます。
本心を言っていないんでしょうね。
どう転んでも、あとで、こういう意味があったと、言い訳できそうな発言は、
有権者をばかにしていますね。

化粧もだいぶはげて来て、
「都知事て我慢しようと思ったけど、やっぱり首相になりたい」
「でも今度の選挙でなれそうにないなら、
東京オリンピックまで都知事として世界に顔を売って、首相はその後でいいや」
なんて、
毎日、考えていることが透けて見えてきます。


何で秋を感じる?

秋を感じるものはいろいろありますが、
わたしはこれが好きですね。
きんもくせい。
昨日夕方、街かどでこの香りを感じ、今朝見たら、うちの木も咲いていました。

きんもくせい

虫食いがありましたが、香りはいいです。

なぜ、どの木も同じ日に花を咲かせるのか、
ふしぎですよね。
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH