Entries

パリ

本当に大変なことになっています。

何をどうすればいいのか、私にはまったくわかりません。

パリで起こっていることは他人ごとではない、
というのは、確かですが、

それ以前に、
シリアで起こっていることが
他人事ではないんだと思います。

被害にあわれた多くの方たちに
合掌。

こんなときに読みたくなる本は

森田ゆりさんの本、
非暴力タンポポ作戦―ひきわけよう・あきらめない・つながろう
です。

「佐々木静子からあなたへ 女のからだと医療・性暴力・人権」

2013年に亡くなった産婦人科医の佐々木静子さんの著作集。(教育史料出版会)
友人の一人が編集委員です。

佐々木さんは、1980年に発覚した富士見産婦人科病院事件の被害者を、
産婦人科医の立場で支えた方です。
この事件は、当時、日本に数台しかなかったエコー(超音波画像診断)を悪用して、
診療に訪れた女性たちに、
筋腫が大きくなりすぎてこのままだと10日の命だ、などとうそをつき、
元気な人の子宮や卵巣を、必要もないのに切除してしまった、という
恐ろしい事件です。

続きを読む

超おススメ「医療否定本の嘘」

勝俣範之さんの新刊、「医療否定本の嘘」、
近藤誠さんの批判を全面展開です。

医療否定本の嘘

届いたばかりなので、まだ終わっていませんが、
これは絶対おすすめ。

とくに、がんの告知を受けて治療に迷っている人や、そういう人が周りにいる人、
放置療法を選んでいる人には、とりあえず、
これを読んでから、選択してほしいです。

続きを読む

がん治療論争~近藤誠VS.勝俣範之

婦人公論 2013年 11/7号 [雑誌]婦人公論 2013年 11/7号 [雑誌]
(2013/10/22)
不明

商品詳細を見る


本の画像がないのは、表紙が木村拓哉だからです。
ジャニーズの、キビシ~イお約束だから、しょうがないですね。
撮影は、いまやNHKあさイチでおなじみ、アッキーのお父様
と言った方がわかりやすいかも、の、
篠山紀信センセイで、なかなかよく撮れてるんですけどね。

で、私がこれを買ったのは、昔好きだったキムタクが載っているから、ではなく
「がんと闘いますか?放置しますか?」
という記事が読みたかったからです。

近藤誠さんVS勝俣範之さん

お~っ!!
ついに対決が実現したか~!!


と思いきや、
直接対決ではなく、
近藤さんは持論を書き、
勝俣さんは近藤さんの著書・言動について批判をするという「両論対決」でした。

しかし同じ字数で、お二人の意見が一気に読めるというのは、
論点がわかりやすくてとてもよかったです。

そのあとに、文春などで、近藤さんと対談し、
けっこう近藤さんを持ち上げてきた立花隆さんが、
患者・サバイバーの立場から、
医者選び、医者とのかかわり方のようなことを書いています。

さて、お二人の論点は?というと…

その前に勝俣さんのブログも紹介しておきます。






続きを読む

カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側

カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側
(2013/09/28)
大西 睦子

商品詳細を見る


明日発売だそうです。
アマゾンに速攻注文。

いつも読んでいるメルマガ
MRIC by 医療ガバナンス学会
に、何度か連載され、
とても興味深く読んでいたものが本になったそうです。


カロリーオフの清涼飲料だから、缶コーヒーだから、
健康に良いとか、太らないとか思いきや!!
決してそうではないということが
アメリカの論文紹介を中心にして、書かれているので、
ぜひ読んでみてください。

  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH