Entries

「やわらかく、飲み込みやすい高齢者の食事メニュー」

「やわらかく、飲み込みやすい高齢者の食事メニュー」
中村育子監修 ナツメ社刊

高齢者

執筆協力いたしました。
自分でいうのもなんですが、とってもいい本になりました!

ここからは監修の中村先生の意見ですがーー。

高齢者は野菜中心の食事がよい、というのは大きな誤解。
それはメタボになりがちな中高年の場合で、
高齢になるとむしろ低栄養にならないよう、
肉、魚のたんぱく質をしっかりとる必要があります。
身体が徐々に変化していくお年寄りには、食材を刻めばよい、
というわけでなく、刻んだことでむせてしまうこともあります。
水分と固形物の組み合わせも危険で、
お味噌汁の具は何でもいいわけではなりません。
その人の噛む力、飲み込む力、消化する力により、
食材や作り方を変える必要があるんです…

そんな知識にもとづいたメニューが満載です。
とっても役に立つと思います。

「オリンピック大事典」

やっとできた「オリンピック大事典」。和田浩一監修
金の星社刊3800円。
編集協力いたしました。

オリンピック大事典

小t学生向け。図書館にはぜひ置いてほしいですね。

いま、私は健康関連の仕事が多いのですが、
オリンピック関連のニュースを見ても、わからないことが多かったので、
仕事を受け、ずい分勉強になりました。
おかげで、
古代オリンピックの起源から、今日のいろいろな課題まで、
だいぶ分かりました。

どうしても分らなかったのは、
小池都知事と森さん(東京オリンピック組織委員会)は、どちらがエライのかということ。
その答えはどこにも書いてありませんでした。
だからいつも、あんなにもめるんだな~。

「食物繊維で腸スッキリ! 便秘解消データBOOK」

7月30日発行の新刊です。
編集協力しました。

腸の本

「食物繊維で腸スッキリ! 便秘解消データBOOK」
松生恒夫監修 朝日新聞出版刊

便秘の原因や
便秘解消によい食事のしかたなどを、
わかりやすく教えてくれる本になっています。
監修の松生先生は、3万件以上の大腸内視鏡検査をしてこられ、
クリニックに「便秘外来」を設けた方です。

「玄米ご飯と大麦ご飯、、食べるならどっち?」
といったQ&Aは役立ちます。
私もこの仕事をしてから、よく麦ごはんを食べていますよ。

「食物アレルギーのつきあい方と安心レシピ」

アレルギー本

最近の仕事。この本のお手伝いしました。
「食物アレルギーのつきあい方と安心レシピ」
監修は国立病院機構相模原病院臨床研究センターの
海老沢元宏先生(アレルギー性疾患研究部長)。

熊本の地震はまだ続いていますが、
被災直後に、避難所を10ヵ所以上まわっても、
食物アレルギーを持つ赤ちゃんのためのミルクがない
と、途方にくれているお母さんが紹介されていました。

今は、医療機関に行けばアレルギー対応の粉ミルクや食品が入手できる
体制になったと聞きましたが、
東日本大震災の教訓が生かされなかったのは、残念ですね。

この本は、食物アレルギーとどうつきあうかをわかりやすく解説し、
おいしくて安心なレシピを満載!です。

食物アレルギーのことを知って、家庭だけでなく、一般のレストランでも、
メニューに取り入れる参考にしていただけたらうれしいです。

「腸で酵素をつくる習慣」

一般書の仕事は久しぶりかな? こちらの書籍作りに参加しました。
「自分史上最高の腸になる! 腸で酵素をつくる習慣」
高畑宗明著 朝日新聞出版刊

腸で酵素をつくる習慣

今まで、あいまいに知っていた腸内酵素のことを、わかりやすく解説して、
じゃあ、何をどう食べたらいいの?ということを教えてくれる本ですよ。

私も、毎日ヨーグルトを食べていますが、
腸内酵素を増やすには、それだけじゃだめだったんですね~。
グリーンスムージーで体内に酵素を入れたからって、
腸内酵素が増えるわけじゃない、不足した野菜を補う意味はあるけれど、ってことです。
あ、それから、糖質制限は腸内環境を悪くする、
など、目からうろこの知識がたくさん詰まっていますよ。


  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH