Entries

乳がんのしこりの模型

先日、「第13回がん患者大集会」があり、取材で行ってきました。
ハイライトはなんといっても、現在、シカゴ大学で研究中の
中村祐輔(なかむら ゆうすけ)先生のご講演で、
もう少ししたら、がんも治せる時代が来るかも、
という希望の持てるお話でした。

会場のロビーに、いろいろなグループがブースを出していたのですが、
そこで、「乳がんのしこりの模型」をピンクリボンのグループが出していました。

そこにあったのは、二つの乳房が並んでいるもので、
それに「のの字」を書いて、しこりを見つけましょう、と
乳がんのセルフチェックを呼びかけていたのです。

これ、とても良かったです。
私は、本当の乳がんの人のしこりを触ったことがないけれど、
体験者たちのグループが
展示しているぐらいだから、本物に近いのだと思います。

触ってみると、見つけやすいコリコリしたしこりもあったけど、、
場所によって見つけにくいものもありました。
みなさんも、どこかでチャンスがあったら、ぜひ、触ってみてくださいね。

女性の集まる場所に、
こういう模型を置いてくれたらいいな、と思います。








女性アスリートの3主徴

きのうの、浅田真央ちゃんの引退記者会見は、
ジュニアの頃から見ている子だけに、
つい、母親のような気持で見てしまいましたね。

真央ちゃんもそうですが、女性アスリートは
子どもから大人に変わる時期に、
身体が大きく変化することから、
競技にもさまざまな影響が出ます。

それをうまく乗り切らないと、
「女性アスリートの3主徴」という問題にぶつかり、
競技人生だけでなく、その後の妊娠、出産~更年期まで
影響が出るということはあまり知られていません。
(真央ちゃんの場合は、体形も順調に変化していったので、そんなことはないと思いますが)

そうした問題を専門的に研究する場として、
順天堂大学に女性スポーツ研究センターができ、
同時に、女性アスリート専門の診療を行う
「女性アスリート外来」が順天堂大学附属医院に開設されています。

続きを読む

リンクの追加

最近仕事でお世話になった新宿ミネルバクリニックの
仲田洋美さんのブログを
リンクに追加しました。

おもしろいです。
目が離せません。


自殺予防学会

土曜日に、東京で開かれた「自殺予防学会」の取材に行きました。

アジア太平洋地域で初めての、国際自殺予防学会アジア・太平洋地域大会(第7回)と、
日本自殺予防学会(第40回)をかねた大会で、
国内外から、多くの専門家といのちの電話などのボランティア、
NPO、自死遺族が集まっていました。

内容は今、原稿にしていますが、
印象的だった話をいくつか紹介します。

続きを読む

ユマニチュード トークショー

ユマニチュードの創始者、イヴ・ジネストさんのトークショーがあった。

話の半分以上はユマニチュードとは何か、その本質に触れる思想というか、
人間とは何か、人間であるということはどういうことか、という哲学的なお話。



続きを読む

  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH