Entries

女性アスリートの3主徴

きのうの、浅田真央ちゃんの引退記者会見は、
ジュニアの頃から見ている子だけに、
つい、母親のような気持で見てしまいましたね。

真央ちゃんもそうですが、女性アスリートは
子どもから大人に変わる時期に、
身体が大きく変化することから、
競技にもさまざまな影響が出ます。

それをうまく乗り切らないと、
「女性アスリートの3主徴」という問題にぶつかり、
競技人生だけでなく、その後の妊娠、出産~更年期まで
影響が出るということはあまり知られていません。
(真央ちゃんの場合は、体形も順調に変化していったので、そんなことはないと思いますが)

そうした問題を専門的に研究する場として、
順天堂大学に女性スポーツ研究センターができ、
同時に、女性アスリート専門の診療を行う
「女性アスリート外来」が順天堂大学附属医院に開設されています。

続きを読む

リンクの追加

最近仕事でお世話になった新宿ミネルバクリニックの
仲田洋美さんのブログを
リンクに追加しました。

おもしろいです。
目が離せません。


自殺予防学会

土曜日に、東京で開かれた「自殺予防学会」の取材に行きました。

アジア太平洋地域で初めての、国際自殺予防学会アジア・太平洋地域大会(第7回)と、
日本自殺予防学会(第40回)をかねた大会で、
国内外から、多くの専門家といのちの電話などのボランティア、
NPO、自死遺族が集まっていました。

内容は今、原稿にしていますが、
印象的だった話をいくつか紹介します。

続きを読む

ユマニチュード トークショー

ユマニチュードの創始者、イヴ・ジネストさんのトークショーがあった。

話の半分以上はユマニチュードとは何か、その本質に触れる思想というか、
人間とは何か、人間であるということはどういうことか、という哲学的なお話。



続きを読む

夏まっさかりなのに

世の中、夏真っ盛りで、夏休みに突入しているというのに。

私は、まだまだ、仕事が続きます。
きょうは、久々に、締め切りが途切れて、ちょっと、一息。

今週は、まちがいなく、今年一番の繁忙期だった。
しかも、締め切りの合間に、取材だの打ち合わせだのがつづいて。

そんななかで、夏の夕暮れ(というより、9時、10時、)
仕事を終えて街を歩いていると、
どうしようもなく、泣きたい気持ちになる。
なんだろう。これ。
メランコリック、の意味は本来はちょっと病的な意味合いがあるらしいけど。
病的じゃないほうの、メランコリック。
70年代初期のロックバラードとか、ちょっと哀愁のある曲が聞きたくなる。
なぜそんな気分になるのか、うまく言えないのだけど。

最近で、一番、心が揺さぶられたのは、
NHKなどでも紹介された高齢者(本当はそうとは限らないけど)ケアの
技法、ユマニチュードに関する講演会でした。



記事はもう書きましたが、
来週、フランスから、創始者のジネストさんが来られて、
日本でユマニチュードを紹介している本田美和子医師と、
お二人で講演もされるそうなので、それにも行くつもりです。

ユマニチュードはたんにケアのマニュアルでなく、
自分がいかに相手を人間として尊重できるか、
それが逆に、自分の人間らしさを計る基準でもあるという、
そのあたりの哲学は
認知症や介護の問題にとどまらない問題提起だなあ、と思いました。

どうしても、施設にいる母親がどんなケアを受けているか、と考えてしまい、
何もできない自分が、哀しい気持ちになります。




  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH