Entries

映画「はじまりへの旅」

「はじまりへの旅」
かなり強烈なオープニングです。

ノーム・チョムスキーに影響された父親が、6人の子供を
資本主義思想から隔離して、森で育てている。
母親、双極性障害で、家を出て病院に入っている。
子どもたちは本を読んで知識を得、狩りで食べ物を得、自然の中で身体をきたえ、
ナイフ一本で生きるすべを身につける…
という、変わった家族。
そんな中で、母が死に、家族は大きな転機を迎えていく。





続きを読む

LA.LA..LAND

ひと足お先に、マスコミ試写に行きました。

悔しいけれど、評判通りの映画でした。
美しくて、おしゃれで、そしてせつない。
最近、ラブストーリー見ると、うっとりしちゃって、
しみるわ~。
ライアン・ゴズリングが、ほんと、かっこいい。
1週間ぐらいは、夢の中かな~。

ブライア~ン!!

5年ぶりのブライアン・アダムス来日コンサート 2017.1.24
武道館、昨日、行きました~。

ブライアン

コンサートが始まる前に一枚。まだ、人が入っていませんが、満席でした。
でも、始まって見ると、もう、スマホ撮影禁止じゃないんですね。
みんなとっていました。でも、私は2階席なので、あんまり意味ないし、
ペンライトがわりに使ったあとで最後の曲だけ動画で取ってきました。(思い出のために)
昨日の会場は、ブライアン自身がスマホでとって、インスタにあげています。みてね。

いや~、よかった。年齢を経て、さらにパワーアップしています。

この30年間、いちばん聞いているミュージシャンです。
幸せいっぱいでした~。

映画『手紙は覚えている』

う~ん。秀作!
今しかつくれない、今見てほしい映画。
『手紙は覚えている』
10月28日公開。

認知症が始まっている90歳のゼヴは、
同じ老人施設の友人、マックスが書いてくれた手紙を頼りに、
アウシュヴィッツ収容所で家族を殺した犯人を探しに行く。

続きを読む

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」

10月29日公開

宮沢りえ主演。
「ステージⅣの末期がん」で余命2カ月と宣告された主人公、双葉(ふたば)は、
死ぬ前にやらなければいけないこと、を次々に始めていく。

銭湯、「幸の湯」は、夫(オダギリジョー)が1年前にふらりと家を出てから休業中。
パートで働きながら娘を育てている双葉。
ある日パート先で倒れて病院で、ステージⅣの末期がん。膵臓から全身に転移している、という。
(あ~、だから、医者が、ステージⅣの「末期がん」と患者に言うのは、やめてよ~。)

とはいえ、徐々に体力がなくなっていく双葉が、
やっておかなければならないこととは?





続きを読む

  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH