Entries

「君の涙 ドナウに流れ」

試写会に行ってきました。
「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956」

「ハンガリー動乱」と呼ばれた事件の真実の姿を描いた映画。

同時期に開催されたメルボルン・オリンピックでは、水球でハンガリーがソ連との試合を経て、金メダルを獲得。
選手たちの残してきた家族は?恋人は?

主人公は水球のオリンピック選手と、
国家秘密警察に両親が連行され一人残された女子学生。
二人の出会いから、結びつき、という個の視点から、
史実が鮮明に明らかにされていきます。

「動乱」と名づけられた事件は、どんな風に推移していったのか、
立ち上がった学生・市民はどのように鎮圧され、殺されていったのか、
そういうことを初めて知りました。

映画は冒頭から緊張がはりつめ、ラストまで気が抜けません。
とくに後半、延々と繰り広げられる激しい衝突シーンは、
ここ数日、ニュースで見るミャンマーの市民の姿とダブってきました。

昨日、子どもがミャンマーの映像を見て、いろいろ質問してきた末に、
「○○(自分の名前)、知らないことがいっぱいある…」
とつぶやいた言葉を思い出しました。

そう、私も50年前の事件について、今までほとんど知らなかった。
「知らないことがあるって知ってるだけでも、すごいことだよ」って
子どもにはいいましたが、
昔、英語の勉強をしていたころに、
ハンガリー人の友だちもいて、仲良くしていたこともある私としては、
「大人は知るべきことは知っていないといけないなあ」
と思ったのでした。

今年ぜったい見逃してほしくない映画です!

ブログランキングへの投票、お願いします。(クリックしてね!)

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

まんが おっぱいがたいへん!!

仮想クリニック図書室 第2弾です。

『乳がん治療日記 まんが おっぱいがたいへん!!』

おっぱいがたいへん!!―まんが 乳がん治療日記 おっぱいがたいへん!!―まんが 乳がん治療日記
さかい ひろこ (2007/03)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る


漫画家のさかいひろこさんが体験した乳がんの治療日記を
まんがにしたものです。

「乳がんでした」
検査結果をあっさり告げられて、あわてふためくさかいさん。
しかも、すぐに切除の手術を勧められ…。
セカンドオピニオン、サードオピニオンを求め、
本を読みあさり、患者の自助グループを見つけ、
納得して受けたはずの手術が終わっても、
大変なのはまたそれから…。

今行われている治療法や術後のケア法もよくわかり、
これから検査を受けようかなという人にも
術後の後遺症でつらい思いをしている人にも
読んでもらいたい。

まんがなので、病院の待ち時間によむにはぴったりです。

それにしても、ここに出てくる病院は
「インフォームドコンセント」って、知ってますか?
と言いたくなるようなところ。(そうじゃないドクターももちろん出てきますが)
ふだん健康で、病院と縁がない人が手術を受けたら、
もう少し、きちんとした説明やインフォメーションがほしいと思うはず。

去年私が胆石をとった病院で
患者用のクリニカルパスにずいぶん助けられたことに
改めて感謝しました。

乳がん検診も、ちゃんと受けなきゃいけないなあ。

ブログランキングへの投票、お願いします。(クリックしてね!)

人気ブログランキング

FC2ブログランキング
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH