Entries

長男のヨメの正しい正月のやり過ごし方

みなさま、あけましておめでとございます。
今年もよろしくお願いします。

私のお正月は、今年はうちにダーリンの家族が集まって年末年始をすごすという、
正統派「長男の嫁」のお正月でした。
と言っても、スペースの関係で泊まったのは義理母だけで、
あとの兄弟とその家族は日帰り。
しかも義理母は、お餅から自家栽培の野菜から、正月の料理まで持参。
さらに息子たちに自分の正月料理を食べさせたい一心で
次々に作ってくれるので、ラクといえばラク。
で、おまけに、この義理母がまた、キレイ好きなので、二日からは
年末の大掃除でやり残したところ(ベランダの掃除とか)を、
すみずみまでお掃除してくれました。
(じつは、ぞうきんまで作って持参してくれたのですよ。
どんだけうちが汚いと思っているのかな)

そこまでされると、気を使わないといえばうそになりますが、
まあ、本人がやりたくてやっているのだから、と思って、
見て見ぬふり。有難くやっていただきました。

みなさんも、ダメなヨメを演じたほうが、
気が楽ですよ(…って、ホントは演技でなくて、「地」だけど)

残念だったのは、さすがに見られないとあきらめて、
HDDに予約しておいた「ジャニーズ・カウントダウン」が
予約時間いっぱいで録画されておらず、
見逃してしまったことぐらいかな。
メタボダーリンが知らない間に、つまんない映画をいっぱい予約してるから…。
でもこの液晶テレビの所有権はダーリンにあるので、文句が言えません(グヤジ~イ)。

ところで、大掃除では、
リビングの本棚の中から、ダーリンのをしまわせて、
私の仕事スペースからはみ出した本を置くことにしました。

ダーリンの本は仕事に必要なわけではないし、
私は職業柄、いろんな本を使うけれど、
置き場がないから次々捨てなくてはならず、本当に困っていたのです。

でも、説得するのが一苦労でした。
そこで、思い切って、言ってやりました。
「君の本からは何も生まれないけど、私の本からはお金が生まれるのだ!」
と。(真実だから反論できない)
「どうしても捨てられないなら、自分で家を建てて、
でっかい書斎を作るまで、しまっておきなさい!」
とダメ押し。
それでダーリンはシブシブ本をしまってくれたのです。

その結果、私の本がリビングにずらり。
すると、今まで本箱に手を伸ばすことがなかった義理の妹たちが、
次々に本を手にして、話が弾みました。
とくに、ダイエット関係の本は盛り上がりますね。

さらに、めったに人をほめることのない、医者の義理弟まで、
「太らない生方」を手にして、「わかりやすいから、うちのクリニックにも買って置こう」、
と言ってました。(あとで巻末の私の名を見つけたら、びっくりするだろうな)

今年も、ダメ母+ダメ嫁は、自分のやりたいことのために、精一杯がんばります。
応援、よろしく!

ブログランキングへの投票、お願いします。(クリックしてね!)

人気ブログランキング

FC2ブログランキング


  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH