Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療の質・安全学会

3連休のうち、二日間は、医療の質・安全学会に行ってきました。

この学会はまだできて間もないけれど、
名称からもわかるように、医療の質と安全を高めようという人たちが一堂に会するのですから、
とても有意義な内容でした。
もっともっと評価されるべき学会だと思います。

政府の医療費削減の嵐の中で、
医師も足りない、スタッフも足りない、
医療事故があるとすぐに訴えられる、
大野病院事件のように逮捕もされかねない…。

普通なら、思考停止になりますよ。ここまで大変だと。
少なくとも私なら、家で寝ているほうがいい、と思うでしょう。
でも、皆さん、全国から集まりました。
そして、本当に、頑張っていろいろな取り組みをしています。
頭が下がります。

ただ、部外者からみるとわからないこともたくさんあって、
今この時期に開かれて、なぜ、新型インフルエンザ対策が語られないのだろう、とか、
病院の医療事故を防ぐために絶対的に必要な、
一つの病院の事故がすぐにどこかに報告されるシステムがなぜ作られないんだろうとか、
産婦人科でも3年前にそういうシステムができているそうですが、
作られていてもなぜ機能していないんだろう(実際の事故の半分しか産婦人科医会には報告されていない)と、
素朴な疑問がむくむくとわいてきたのも事実です。
事故が明るみに出るのは、大体、何カ月もたってからだし、
隠していて、マスコミに暴かれると、どう考えても
責任追及だけに目が行ってしまうのに、なぜ多くの病院は事故を隠し、
すぐに謝らないんだろう、とか。

この領域は、患者との連携も一番必要とされるところなので、
専門家にお任せするのではなくて、
素人の素朴な疑問をぶつけていく必要があるかもしれません。

医療の安全からいえば、命にかかわるような重大事故をどうやって防ぐかが
優先課題となりますが、
患者一人一人にとっては
骨折はQOLにかかわる問題だし、
医師や看護師の一言で傷つくこともあるし、
それを後回しにされていいというものではありません。

責任追及も必要だけど、それは再発防止のため、ということろで、
患者と医療者の利害は一致しているはずですから、
患者と医療者が対等な立場で医療をよくしていこうという場が必要だと思います。

ただ一つ言えることは、今の医療費の範囲で改善できることは非常に少ないので、
そういうことをするには相応の覚悟と負担が必要になるということです。

それにしても、医療は幅が広すぎるなあと感じた2日間でした。

(いろいろ考えながらも、会場の東京ビッグサイトの会議場では、
ここは「SP」のあのシーンで使われたところだわ、とか思い出してました。
それでもって、せっかくの秋晴れの連休が仕事でつぶれたのではかわいそうと、
子どもとダーリンを呼びよせて、
大江戸温泉物語でお風呂に入って、手裏剣や吹き矢で遊んできました)

スポンサーサイト

久々の健康診断

久々に、きのう、健康診断を受けてきました。

メタボ健診は初めてだったし、婦人科検診もマンモグラフィーは初体験。
乳房を寄せてはさんで…。
胸が痛いと聞いていたけれど、意外に痛くなかった。
(胸が大きいからか、小さいからなのかは、みなさまのご想像にお任せします)

それにしても、健診センターというのは、疲れますね。

一つ検査して、次の検査まで雑誌を読んでいると、途中で名前を呼ばれるし、
戻ってきて続きを読もうとしたら別の人が読んでいたりして。
男女混合というのも、あんまりいい気持ちはしないなあ。

そんなこんなで、全部終わるのに、2時間近くかかりました。

医者はいっぱいいるけれど、いろいろ聞いても、
毒にも薬にもならないような答えしかしてくれないし。

あんなのじゃ、
年1回、検診を受けようと思ったら、何かの記念日とか誕生日は必ず検診、
とか決めておかないと、
なかなか受ける気になりませんね。
終わったらおいしい食事が出るとか、温泉一泊付きの人間ドックとか、
何かお楽しみがないと。

とくに、私たちみたいに、任意に日を決める人は。

幸い、きのうは、ある記念日でしたので、
来年もそれに合わせようかな、と。

美容院でさえ、予約して行くということができない、
気ままな性分(というか計画性のない)の私が
健診を受けようと一念発起したのは、
最近、周りの友だちにガンの話が出たり、
更年期の曲がり角を迎えて、ホルモンバランスの変化を感じているせいなのですが、
(出産後もホルモンバランスの変化で、バセドウ病になってしまったし)
結果がわかるのは3週間後。

まあ、この年齢ですから、無病息災とはいかなくても、
一病息災、いや、二病息災ぐらいは覚悟しなくては、と思っています。

皆さんも、たまには検診を受けてくださいね。

胆石

先日、某雑誌の「名医」の連載に
胆石のことを書きました。

3人の医師の取材が必要なのですが、
私が選んだ医師のうちの一人が、
2年前、私の胆石の手術をしていただいたドクターです。

症例を書くにあたって、私の手術をしていただいたドクターに
あらためて、私の胆石はどういう状態だったのか、
なぜ、胆のうの摘出をしなければならなかったのか、という話を聞き、
それを書いたのです。

入院中もかなり詳しく図解つきで、説明していただいたのですが、
改めて聞くと、
患者の立場で聞いたのと、ライターとして聞いたのでは違い、
結構知らなかったこと、忘れていたことが多かったので、
ドクターの説明に基づいて、ここに記録しておこうかなと思います。



続きを読む

西武優勝! ま、いいか。

おととい、きのうと、わが家では初めてプロ野球日本シリーズで盛り上がった。

私は昔はジャイアンツファンだったけど、桑田を最後に日本のプロ野球は見なくなった。
だからもう、知らない選手ばかり。
ダーリンは野球おんちなので、テレビで野球は見ない。
(まだつきあっているころは、東京ドームで一緒に見たくせに)

ところが、子どもは、最近、好きな子が野球ファンらしく、
おとといの第6試合で、
めずらしく私が見始めた日本シリーズにくいついてきた。

そして、私と子どもは、ジャイアンツを応援しながらも、ライオンズの岸に
「イケメン」「かっこいい」「足長い」とべたぼれ。

きのうの最終試合は、最初のほうを見て、途中で子どもの好きな「どうぶつ奇想天外」に切り替え、
まだやってるんじゃない?と8回からの試合を見た。

きのうは岸が出ていないので、二人そろってジャイアンツを応援し、
ジャイアンツが負けて、「あ~あ」とがっかり。

が、その次の瞬間、親子同時に「ま、いいか」×2。

その絶妙なタイミングといったら!

ふたりとも、岸ががんばったから、西武が優勝しても「ま、いいか」なのだ。

過ぎたこと、いやなことはすぐ忘れる。頭をさっさと切り換えて、いいことだけ考える。
よく言えばポジティブ。悪く言えば、ポリシーがない。

いやあ、そんな私の性格が、そっくり子どもにうつっちゃって、
なんだか、怖い。これでいいの? 本当に。

ついでに、西武の渡辺監督が、かつての美青年ピッチャー、渡辺だったということに、
優勝して初めて気付き、がく然としました。
見る影もないほど太って、「ショック~」とわめいていたら、
最後のインタビューで「どうもありがとうございました」ととった帽子から出てきたのが
はげ頭で、のけぞりました。
(差別的言動、お許しください。
毛がないことが問題ではなく、あまりの変容ぶりに…)

結局、極度のめんくいの私は、野球も顔で見ているということでしょう。

子宮頸ガンのシンポジウム

きのうは、日本メディカルライター協会のシンポジウムに、久々に参加しました。

テーマが子宮頸がんだったからです。

今年、ノーベル生理学医学賞を受賞したのが、エイズウイルスを発見した二人の科学者と、
子宮頸癌を引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)を発見した
ドイツのハラルド・ツア・ハウゼン博士だったことは、
日本ではあまり注目されませんでしたね。(日本人じゃないも~ん、って感じ?)

でも、ヒトパピローマウイルスの発見が、がん予防ワクチンの開発につながったのですから、
ノーベル賞にふさわしい価値ある発見です。

で、現在、108カ国でこのワクチンが承認されているのですが、
日本ではまだ治験段階で、承認されていません。

もちろん、今のワクチン(2種類あります)で、子宮けいがんが完全に予防できるわけではないのですが、世界の若い女性のがん死亡第2位の子宮頸がんを予防できるのですから、
日本でも対策が急がれる、ということで、昨日のシンポジウムが開かれました。

マスゾエ厚生労働大臣は、このワクチンは優先的に承認すると言っているそうで
(バイアグラと同じで、やる気になればすぐできるんですね)、
来年には日本でも承認の見通しということですが、
問題は、必要な人に、それがきっちり使われるのかどうかということ。

日本では、ワクチンを製造している英グラクソ・スミスクライン(GSK)と、米メルク子会社の万有製薬の2社が申請中ですが、
保険なしだと、ワクチンの価格は35000円ぐらいかかってしまうそうです。

米国やオーストラリアでは保険未加入の子供や12~26歳の女性が無料で予防接種を受ける制度を導入ずみだそうです。

 「日本では毎年約7000人が子宮頸がんと診断され、約2500人が死亡、特に20~30代の発症率の増加が顕著だ」ということです。

HPVは性感染症と同様、性行為で感染し、多くは一時的な感染で終わる(治る)のですが、
これが取り込まれると、10年後ぐらいに発症します。
(つまり、10代で感染して、出産期に発症する例が多い)

なので、性経験が始まる12~13歳でワクチンを注射することで効果が出ます。

昨日のシンポジウムでは、日本人のワクチンにたいする意識や、
これが承認されたとして、
どのように投与するかを決める役所側の体制が整っていないことなどが問題になっていました。

私は、今、学校で、性教育がまったく行えない状況になっていることのほうが
大きな壁になるのではないか、と感じました。
この間の性教育バッシングはすごいもので、
小学校では、性交という言葉も使えないなかで、HIVを教えなくてはならないのだから大変だ、と先生が嘆いています。
図書室からも性教育と名のつく本は撤去されています。
だから子どもたちは、ネットで好奇心を満たそうとするのですが、
それがまた、子ども向けを装ったびっくりするようなサイトを閲覧することにつながっています。

だから、12歳の女子にワクチンをといった時に、
当事者の女子中学生たちに、そのことの意味がきちんと認識されるように性教育が行われないと、
自分の体を大切にすることの意味が伝わらないと思います。

また、国民的なキャンペーンで、ワクチン投与を進めようという意見が多かったのですが、
子宮ケイがんの当事者や、女性が中心にいることが大切です。(昨日は当事者もいました)

女性の健康は女性が自分で考えるということがないと、ピントのずれた、
ときには強圧的な「少子化対策」になるということを忘れないようにしないといけません。

ともかく、これについては、引き続きウオッチングします。


  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。