Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺の病気② 目からウロコ 

甲状腺の病気について、女性外来のクリニックを取材。とてもすてきな先生にお話を伺った。

そのクリニックでは女性のための検診項目に、どうしても必要なものとして、
自己免疫疾患の検査を入れている。

甲状腺の病気は、甲状腺ホルモン分泌、あるいは甲状腺という臓器そのものに問題があるのではなくて、
自己免疫の病気の結果として、そうした症状が現れるにすぎない、
というその先生の説明は、目からウロコだった。

自己免疫の病気というのは、膠原病、甲状腺異常、クレチン病、リウマチなどだが、
女性には自己免疫の病気がなぜ多いのか、というと、
出産機能を備えていることが原因だ。

おなかに自分以外の別の生命を宿すようにできている女性は、
自分と異物を明確に区別し、自分だけを守る自己免疫の機能が抑制される時期がある。
そうでないと、別の生命(異物)と共存できないからだ。

妊娠や出産、更年期など、女性特有のステージには、自己免疫機能が低下したり亢進したり、
という波が起こっている。
その時期に起こりやすいのが自己免疫の病気なのだ。

だから、甲状腺機能にそれが現れた場合、機能が低下することもあれば亢進することもあるのだ。

確かに、私は産後にバセドウ、更年期に橋本病と、
見事に、もれなく、その現象が現れた、というわけです。

もしも、一般的な健康診断で女性は、乳がんだけでなく、自己免疫疾患の検査も入れてくれたら、
成人女性の8人に1人と言われる甲状腺の病気に気づかず、つらい思いをする女性は減らすことができるのに。
女性の病気、しかも生死に直結しない女性の病気は、軽視されているんですね~。

それにしても、
私の主治医は、こういう説明は一度もしてくれたことがなかったなあ。
たぶん、ほんとのところは、わかってないんだろうなあ。
あの主治医は、人がいいのは確かなんだけど、腕はいまいちだとわかっているんだよね。

ヤッパリ、病院変えようかなあ。

ともかく、次の検診では女性外来で自己免疫の検査もしてもらおうかな、と思いました。
おさいふと相談です。
(実は今日も、お財布忘れて取材に行き、SUICAと、たまたま入っていた小銭で急場をしのぎました)
スポンサーサイト

甲状腺の病気

新年明けの仕事で、バセドウ病について書くことになり、初めてきちんと勉強することになった。
もともと、産後にバセドウ病を経験し、
数年がかりで薬で治し、
そのまま検査もせずにいたら、5~6年で今度は慢性の甲状腺機能低下症~橋本病というのにかかって、現在治療中。

今までは、その場その場でわからないことをネットや本の一部だけ読んで調べていたが、
今回初めてきちんと本を読んで勉強したわけだ。

しかし、甲状腺の病気は、甲状腺そのものの細胞が破壊されている場合と、
ホルモン分泌を指令する脳下垂体のほうに問題がある場合と両方あり、
橋本病の場合は、その両方、ということになるらしく、ほとんど一生薬を飲み続けなければならないようだ。
薬と言っても、チラージンSというこの薬は、甲状腺ホルモンそのもので、
もう、出なくなったホルモンを人為的に補給するものらしい。
甲状腺ホルモンは全身に作用して、新陳代謝を促すという働きがあるため、これが足りないと、
すべての面で機能が低下する。

橋本病とわかったのは去年、じゃなかった、おととしの秋で、
その時は顔がパンパンに張れるほどむくんでいたのだが、薬を飲んだらすぐにはれはひいた。
他の症状も、ほとんどよくなった。

ところが、去年秋から、再び、薬が効いているのかどうか、全身の新陳代謝が悪い状態になり、
ほとんどの欲がなくなり、
脳の働きもぼんやりしてきて、仕事の集中力を出すのに苦労している。
また、たいして食べ過ぎているわけじゃないのに、太る。

秋から、体重も最高記録を次々塗り替えていて、
フィットネスのスタッフも、月一回の計測で申し訳なさそうにしている。
一生懸命やっても、汗もかかないし、体重もおなか周りもどんどん増えていくので、
ほめるところがないのだ。

本を読んでみて、結局わかったことは、これと言って治すためのよい方法もないということなので、
食事を減らすか、食べた以上に運動で消費するか、どちらかしかないということだ。

そんなわけで、今年は元旦に子どもに誓った。
1年間で体重8キロ減らすと。
それなのに、1月も半ばのいま。
たった半月で、もう2キロ増えちゃった。(ってことは10キロ減目標?)

今の体重増はむくみから来ているので、
少しでも利尿作用の強い飲み物が必要、
とせっせとお茶を飲むことにしました。
それでも、ぜんぜん、出ないんですよね~。
あ~あ。こんなふうに体重とたたかうだけで
年をとっていっちゃうのかな~。
(とほほ)







あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。

3が日、私は福島のダーリンの実家で過ごしました。
あちらはお天気にも恵まれ、行き帰りの高速で渋滞に巻き込まれることもなく、手作りの料理を食べ、温泉にもつかり、みんなにこやかに過ごせたので、まあ、良いスタートでしょう。

さて、今年の抱負を語る前に、昨年の仕事をさくっと振り返ります。

医療系に絞りますが、昨年は一般むけの雑誌等の仕事より、
医科大学関係の書籍やWEB、製薬会社関係の仕事を多くさせていただきました。
今年出版される予定の医療従事者のためのコーチングの書籍の編集協力もさせていただきましたが
とても興味をひかれました。
また、会社はさまざまですが、緩和医療や麻酔、がんの分子標的薬、手術・集中治療のケア、消毒薬にかかわる学会セミナーなど、医療者向けの原稿を書くことが増えました。
医療安全の雑誌がなくなり、仕事もなくなったりしましたが、
新しいクライアントさんで、がんの患者さん向けの冊子の対談の仕事が始まったりして、
これまでかかわってこなかったがん関係の仕事にかかわることになりました。
環境の仕事で、医療廃棄物の処理施設を取材したりする機会もありました。

こうした仕事をさせていただく上で、なによりありがたかったのは、
人に恵まれたことです。

続きを読む

  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。