Entries

春休み 

皆様 いつもお世話になっております。

最近、ブログからのお客様が増えておりますので、
こちらからお知らせさせていただきます。

3月30日から4月3日まで、春休みをいただき帰省いたします。

春休みと言っても、あちら(北海道)は、
昨日の朝、マイナス20度になった町があるということですので、
ようやく春モードになった身体がどうなっちゃうんだろう、と、
しんぱいで~す。

戻りしだい、最近遠ざかっていたメタボ関係の
新刊本づくりが始まりますので、
その前に読んでおきたいお楽しみ小説を
持っていきます。

ピンクリボン in US

週刊医学界新聞 第2969号(2012年3月12日)に、
医師の李 啓充さんが、「ピンクリボン」 コーメン財団の失敗 という興味深いレポートをされています。

アメリカの大統領選挙の勝敗は、日本ではいつも無視されていますが、
候補者が中絶をめぐる立場の違い、プロチョイス派かプロライフ派か、
その問題にどんな発言をするか、ということが
非常に大きな位置を占めています。

李さんは今回、それを背景にした動きとして、
アメリカのピンクリボン運動推進団体、コーメン財団が
プロチョイス派の非営利医療団体「プランド・ペアレントフッド」への資金援助をやめることにより
女性の怒りを買ったと、その顛末を詳しく書いています。

私は今まで、コーメン財団そのものが女性たちの支持を集め、
ピンクリボン運動の推進力になっているのだと思っていましたが、
この動きをみると、どうやら逆のようです。
まず、ウーマンリブから脈々と続く
ウイメンズヘルス、女性のリプロダクティブヘルス&ライフを守る運動があり、
それが、コーメンに、
大企業や製薬会社トップブランドのデザイナーなども含み大規模な資金提供をさせる力となっており、
コーメンは、自分の病気や治療法のことをよく知りセルフケアしていこうという、
進歩的な女性たちを敵に回したのでは、
がん治療法の進歩・研究という本来の活動ができないと判断したのではないか、と思います。

日本のピンクリボン運動について、いろいろな意見がありますが、
私はまだあまり詳しくありません。
ただ、ピンクリボン運動そのものよりも、
それ以前のところで、
避妊、中絶、刑法堕胎罪、優生思想と、
基本的な問題がまったく手つかずに横たわったままで、生殖技術がどんどん広がり、
選挙でこうした事柄がまったく争点にならない状況のほうが
問題だなあと思っています。


草屋根の家

kusayane


三鷹駅からジブリ美術館に向かっては、
バスで行く方法もありますが、
歩いて玉川上水ぞいを歩くのが、お勧めです。
これからの季節は
桜が咲くので、とてもきれいですよ。

玉川上水は、あの、太宰治が入水自殺した場所でもありますが、
今は水量が減っているので、「え?ここで?」とちょっと驚きます。

ジブリ美術館までは10分ほど歩けばつきますが、
その途中の信号を左に曲がって、中央線の高架のほうに向かってあるくと、
草屋根の家があります。
ずっと気になっていたので、入居者の案内板を見てみたら、
ジブリの企画室が入っていました。
今は、草がいい具合に枯れていました。
なんか、見た目はとてもいい雰囲気ですが、
湿気とかないのかな、と思います。

藤森先生のニラハウスに、似てますけど、
ジブリ美術館も作った別の方の作品のようですね。





原点回帰?

最近、音楽でもなんでも、昔好きだったものをもう一度聴きたくなったりして、
原点回帰の傾向が強くなっています。
年のせいかもしれませんが、それで結構。結構。
楽しいのがいちばん。

BSで、すごく古いテレビ番組なんかやっていると、つい見ちゃいます。
少し前までやっていた「俺たちの旅」も見たし、
昨日も、「平賀源内なんとか…」というドラマをやっていて、
往年の森繁久弥とか、鮎川いずみ、松山けんいち(どんなじだったかなあ)とか、
西田敏行の若いこと若いこと…。

音楽では、偶然、レオン・ラッセルのライブが今月あることを知り、
日程的にも無理なので、悔しがっています。最後のチャンスかもしれないのに。
(知らなければよかった、知らなかったことにしよう)

ちょっと前には、再結成したタイガースのメンバーの対談を見て、
昔懐かしい曲を聴き、感激。私が最初にはまったのがタイガースですからね。
いや~。あの頃はよくジュリーに怒られた。
コンサート中、あんまりみんながキャーキャー騒ぐので、ジュリーが怒って
歌うのやめちゃうんですよね。ちゃんと聴いてくださいって。
コンサート中、一回は必ず、そういう事態になっていましたよ。

そして、ラジオです。
オールナイトニッポン・ゴールド
毎週月曜夜10時から12時ま。坂崎幸之助と吉田拓郎。
なんといっても、パソコンでラジオが聴ける
radiko を知り、
それを録音できる無料ソフトを見つけたのが大きいんだけど。
これを、録音しておいて、暇なときに聴き、一人で笑い転げています。
中高生時代は、ディスクジョッキーが大流行りで、
吉田拓郎もよく聞いたし、坂崎幸之助は所ジョージの番組にいつも出ていたし、
歌はともかくギターのうまさと、フォークの知識が豊富なのと、
話の面白さは天下一品。その二人のコラボですから、間違いありません。
タイガースの次にはまったのが、吉田拓郎だしね。

この間の番組は、武田鉄也がゲストで、
海援隊が一曲ヒットを出した後、まったく売れなくなった時の営業の話が
めちゃめちゃ面白かった。
大きなコンサートホールに客10人ということも珍しくなくなった中、
としまえんのプールで歌うことになり、水着姿の女の子を期待して行ったら、
なんと、流れるプール。
浮島で、だれも聞いていない中、歌い始めると、
たった一人、小学4年生の男の子がプールのどこかにつかまって曲を聞いていたそうな。
それで、その子一人に向けて歌うんだけど、
子どもだから、途中で力尽きて、流されてしまう。
「一周してこいよ~」と言って、
その子が流されて戻ってくるのを待ったというお話。

拓郎は「おまえは暑苦しいから、嫌いなんだ」といいつつも、
大笑いしてました。
笑うと、自然に腹式呼吸になるから、
からだにいいって、
ヨガの先生もおっしゃっていましたよ。

武田鉄也はさすが、トークのネタが豊富なので、笑わされましたが、
普段のこの番組は、人を笑わせようなどというサービス精神など全く感じられないほど、
どうしようもないほど、ゆっるゆる。

他にも面白い番組を探しているんですが、
なかなかこれを超えるものはありません。

知っている人がいたら教えてね。

  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH