Entries

NO!と言えないフリーライター

NO!と言えないフリーライターとは、私のことです。

フリーライターは一度仕事を断ってしまうと、
次がなくなるかもしれないという恐怖心から、
依頼があれば、ほとんどの仕事を引き受けてしまいます。

この年で、仕事が途切れないのは、ありがたいことだと思うし。

ところで、何が何でも「NO!」と言いたいのは、
今の政治。

オスプレイと原発。
最近、原発は「抑止力」だとか言いだしていますね。
核兵器作りたいんだ、やっぱり。

オスプレイは、何がいけないか については、
これを見て本当に理解しました。

『標的の村~国に訴えられた沖縄・高江の住民たち』


沖縄で、住民の方たちが抗議するのは当然です。

ただたんに、技術的に危ない飛行機だから、ということではなく、
どこをどうひっくり返しても、
民衆を殺すための訓練に使うものだから、ということです。


一人でも多くの方に見てほしいと思います。(と言っても、このブログを見てくださる方は
とっても少ないのですけどね)

見たらぜひ感想を。


…… と思ったら、既に削除されていました。
どこかで見られる方法は、ないでしょうか。
戦慄の内容でした。

アイフォン5? 頭脳が追いつかない 

新し物好きで、その新しいものを自慢するのが大好きなメタボダーリンは
いまから、Iフォン5が欲しそう。

私はと言えば、仕事の合理化は大切なことだけど、
あんまりIT機器を使いこなす自信はない。
そのうえ、そういう機器に振り回されるのはいやだ。

いまだに、携帯を持つのも好きじゃないし、
なるべく携帯番号やアドレスは、最小限の人にしか教えないことにしている。
外出先まで追いかけられるのはたまらないから。
自分が用があるときは使うけどね。

そんなだから、Iフォンどころか、スマホなんか、
全然、使いたいと思わない。

あんな小さい字で、WEBサイトを見たり、
その中で自分の見たいところだけを拡大して
見たりするなんていうことをしていると、
ますます、全体が見えなくなると思う。

やっぱり、ニュースは紙の新聞でしっかり読みたい。
どのニュースをどの大きさで扱うか、ということも
発信者のメッセージ。大きな情報だ。
東京新聞にしてからは、特にそう思う。
(夕刊一面トップに、反原発の缶バッジを売っているグループがある、っていう記事が出た時は驚いた)

スマホのGTS機能、地図は、便利なようでそうでもない。
この前、出張でかなり郡部に行ったとき、
タクシーのドライバーさんが、目的の場所を知らないというので、
スマホを持っている同行者が、音声入力で地図を示したんだけど、
なんせ、山の中。
目的の会社は見つかったけれど、出てくるのは
地図の真ん中にひかれた線のような一本道だけ。

周りには、山以外、目印になるものが何もなくて、
どの山がどの山かなんて、
見ただけじゃわからないしね。
その道をたどればいずれ着くだろうということしかわからなかった。
あれが、3Gで出てきて、山の高さがわかってもねえ。
あんまり意味ない、ってか全然意味ない。

そのうえ、スマホで地図が見られるということは、自分のいる場所が、
通信衛星から見張られている、ということでもあるわけで、
それは、いいことと言えるの?
完全な覗きじゃない?

カメラとか、テレビとかも、必要なのかな。
どんどん、パソコンと携帯の隙間が埋まっていくのは分かるけど、
パソコンだって、時々、ない世界に行きたくなる。
WI-MAXを導入したので、どこでも通信できることは、トップシークレットだ。

そうそう、私は先日、パソコンをリセットしたときに、
プリンターと電話、ファックスが一体になっている(ブラザーMY-MIO)も
再度設定しなおし、そこで大発見!しました。

パソコンのファイルや原稿を、プリントアウトしなくてもそのままファックスできることを
ずっと知らなかったんです。
以前、プリンター付属のファイルをインストールしたとき、
そういう機能がついているのを知らずに、削除してしまっていたんですね。

何年間もその機能を知らずにいたなんて、お恥ずかしい。

そんなこともあるから、
ITを使うときは、そのまえに、使いこなせる頭脳がないとダメだということを、実感しました。

生きる楽しみ、ある?

人はなぜ、生きているんだろう。
こんなことを、ぼんやり考えたのは、青春時代だけ?
そうでもない。
すこーしだけ生活が安定してきた中年になってからもよくあります。

人生半ばをとっくに過ぎているのに、
何をなしたわけでもなく、また、この先も
たかが知れているし、
いまさら、啓発書を読んで「がんばろう」という気も、上昇志向もないし。

老後のことを考えると、年金では暮らせないし、
どうやって生活するんだろうと不安になったり、
大地震や富士山の噴火があったら、どうなっちゃうんだろうと、
漠然とした不安はあるけど、

フリーでも、とりあえず、来月、再来月ぐらいまでの収入は確保できているから、
今のままなら、この先はなんとかなって、来年は子どもが高校に入って、
もう少しこんな生活が続くんだろうなあとぼんやり考える。

こんな自分は、被災した人や、闘病中の人からみれば、
感謝が足りないし、ずいぶん、無為に毎日を過ごしているんだろうな、と思う。

でも、だからといって、自分にそぐわない目標やら、夢や生きがいを無理やり設定しても、
そんなのすぐに忘れてしまうっていうことも、
この年になるとわかってきちゃうんだよね。

だって、そんなに自分はまじめな人間じゃないから。
その場限りでも、できる限り楽をしたい、楽しくいたい、
できる限り好きなことをして時間を過ごしたい。

そういう自分にとっての生きる楽しみは、
大好きなジャニーズの次のコンサートを待っていたり、
楽しみな映画の封切りが来年のゴールデンウイークと聞けば、ひたすらその日を待ったり。
友だちと旅行や飲み会の約束があったら、それを楽しみにしたり。

この何年か、こういうちょっとした先の楽しみしか、私にはないなあ。
今年は毎年あるV6のコンサートがなさそうでがっかり。
去年は、震災後、ずっと落ち込んでいた気持ちがようやく晴れたのが、
10月のコンサートに行ってからだった。
考えてみたら、自分のプライベートを犠牲にしても、
そういうふうに人を元気にできる仕事をしている人たちは
すごいよね。

ともかく、ちょっと先に自分にとってのお楽しみを見つける。
こういうのがプチハッピーってやつですか?

さしずめ、今日のプチハッピーは
ゴーヤの種が取れたから、来年、この種でゴーヤ作ろう!ということかな。

こうやって、一つでも先の楽しみを増やして、積み重ねていかないと、
私なんか、「何が楽しくて生きてるのかな?」状態になっちゃうんだよね。

本当は「人生は一回きり。やりたいことはやらなくちゃ」って、
もっと、前向きにならないと、いつまでも若々しくいられないと思うんだけどね。
……。

ときどき、人生について語りたくなるのも、お年頃ですか?

状況はかなり悪い

次の総理を目指して、いろんな人が立候補し始めました。

まあ、どっちを向いても、考え得る限り、最悪の方々……。

マニフェストも公約も破るためにしかない、ということを証明してしまった民主党を始め、
消費税増税に賛成したのに、その責任者の首をすげかえ、自分たちは何も間違わなかったかのようにふるまおうとしている古い人たち、
そして、新しそうな仮面をつけたさらに悪質な人たち……。

では何をすればいいか。

私は新聞をかえました。
三大新聞といわれる新聞から東京新聞に変えたら、これが面白い。
噂には聞いていたけれど、
脱原発、オスプレイ配備反対、とはっきり、主張しています。
視点がはっきりしていると、記事も面白いし、
本当に重要な動きをきっちり伝えてくれる。

このところ、大手新聞社系列の出版社の
「書かせてやっている」と言わんばかりの尊大な態度に
振り回されていたのですが、

新聞がつまらないのも「体質」だな。

自分たちは絶対に安全な場所にいて、
外注のライターやカメラマンにいろいろ押し付けているんだから、
原発の下請け、孫請け労働者が、熱中症になっても労災を届けることさえできず、
命をすり減らしている状況なんか、書けっこないよね。

だから、リスクを負ってまともな記事を書こうとしている新聞で
まず、事実を知らなくっちゃと思った次第です。
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH