Entries

LGBTI

昨日の東京新聞夕刊、一面トップ記事は、
「GWを虹色に 性的少数者都内でイベント」ということで、
東京レインボーウィーク」の事前紹介をしていました。
東京国際レズビアン&ゲイ映画祭や 東京レインボープライドの
パレードなどが、この連休、今日からいろいろ催されるということです。

私が記憶する限り、一般紙の(東京新聞とはいえ)、
そして夕刊とはいえ、
一面トップにセクシャルマイノリティ関連の記事が載ったのを見たのは、
初めてです。

20年前に、ほんの少し、カナダにいた時、
こういう記事が普通に一般紙に載っており、
ゲイプライドと呼ばれるパレードも盛大に行われていましたが、
日本では、ようやく東京新聞が
壁を越えてくれたなあ、やってくれたなあ、という感じです。
(前から出ていたのかもしれませんが
私が東京新聞をとってから1年たっていないので)

記事の中では
LGBTという言葉が出てきて、簡単な説明がついており、
電通総研の調べで成人男女7万人のうち、LGBTは人口の5.2%ということです。
ヘテロ(異性愛者)は、多く見積もって95%ということですね。

これだけのLGBTの人がいても、テレビに出てくるのは、
おねえと呼ばれて、おしゃべりの上手な、
一部のゲイの人だけですから、
日本はとても暮らしにくいんじゃないかなと思います。

アメリカやカナダでもいまだに、ゲイプライドの次の日に、
ゲイであることを知られて、差別される事件がありますから、
日本でカミングアウトするのは大変なことだろうなと察します。

もしへテロの人に、同性の人との恋愛を強要するような社会であったら、
耐えられないはずですが、
それと同じことを、社会はLGBTの人に対してしていますね。

* * * * * *

最近、しぶや女性センターでもらったニュース「アイリス」に、
言葉の解説がのっていたので、記しておきますね。
ここでは、LGBTのあとに、Iが入って、
5つのタイプが出ていました。

LGBTI
L=レズビアン
本人の性自認が女性で恋愛対象も女性
G=ゲイ
本人の性自認が男性で恋愛対象も男性
B=バイセクシュアル
本人の性自認にかかわらず、男性も女性もどちらも恋愛対象の人
T=トランスジェンダー
生物学的な性別と本人の性自認が異なる人
I=インターセックス
生物学的な性別が判別できない人。今は性分化疾患(DSD)と呼ばれている

ヘテロがすべてじゃないってことだけは、覚えておかないと。
周りの人を無自覚に傷つけてしまうかもしれません。

いまさらですか?

朝、子どもが「お母さん。見て!見て! 二重になった」
というので、よーく見るとうっすらとまぶたに線がついている。
それも、目をぱっちりあけると、分からなくなるほどの、
奥二重。
それでも、私に似て一重の娘は、
誰も気づかない奥二重に一喜一憂しています。
「アジアン・ビューティー」
私はかわいいと思うんだけど。

で、私はというと、最近、二重になりました。
年のせいで、まぶたがくぼんで「しわ」ができているだけなんだけど。
それに、いまさら、二重になってもねえ。

子どもには、「将来を楽しみにしなさい!」と言っていますけど。

最大イベント

昨日は、今年最大イベントのV6コンサートでした!
いや~、3時間、ほんとうにしあわせ!でした。

人によって、いろいろな楽しみがあると思うけど、
私の場合は、この何年間かはその時間ですね。
他の何をしている時よりも、心身が解き放たれます。
人生でそういう時間は、そう、たくさんはいらないけれど、
年に1回はさびしい。2回ぐらいあれば、エネルギー補給できるかな。
コンサートは各地でやっていて、私の場合は、2回ぐらい行ったりすることもあるけれど、
やっぱり、その時の1回目に見る時の興奮は特別です。

v6は、コンサートを見ないと、
本当の良さがわからないグループなので、
知らない人は不思議に思うかも、ですが、
一度行ったら、もうやみつきで、
ほかのだれのコンサートへ行っても、
満足感が得られなくなってしまうのが、ちょっとつらいところです。

今度グレイのコンサートに行くけど、
たぶんそこまではいかないだろうなあ、と行く前から想像できるのが悲しい。

いまのところ、あれを超えられそうなのは、
私の中では、ローリングストーンズぐらいなんだけど、
しばらく日本では見ていないので。

この間友だちにあったら、
今度イギリスに行くんだけど、と言っていて、
イギリスにいる妹がストーンズのハイドパークの
コンサートチケットを買ってくれたらしい、
とうらやましいことを言っていた。
でもその友だちは、ストーンズは知っていても、
ハイドパークのコンサートの意味を知らないので、
「豚に真珠」。代わりに行ってあげたいくらい。

ま、でも、今の私には、
美しくて、ダンスも歌も全部楽しめるのは、V6だわ~。
どんどんかっこよくなるから、

これからが本当に楽しみで
「おま」。

春の夢

どうということのない話です。

明日午前中に原稿を送ります!といって、昨日は早めに寝て、
朝2時から(というか深夜だけど)起きていたので、
昼までに原稿をなんとか送って、そのあと、お昼寝しました。

本当はきのうも、ヨガの後、眠くなって1時間ほどお昼寝したので、
二日続けてのお昼寝でした。

今日のお昼寝では、すっごく懐かしい場所が夢に出てきました。

私が東京に出てきて、初めて住んでいた池袋の親戚の家、
だからウン十年前にすんでいたところ。
親戚の家はお豆腐屋さんで、テレビドラマに出てきそうな下町の商店街のど真ん中にありました。

いまはもう、その辺一帯、
地上げやら道路整備やらですっかり変わっているはずなのですが、
夢の中では、久々に商店街を訪ね歩いていました。

親戚の家は、おじさんもおばさんも、もう亡くなっているし、
とっくにお豆腐屋さんをやめて、埼玉県に家を建てて、そちらで亡くなったのですが、
豆腐屋からたった一間の茶の間と台所、ふろ、トイレだけの一階、
2階に3間続きの和室がある、典型的な「看板建築」の家に行き、
誰もいないのかな?と不思議に思っていました。
「あれ? おじさんは亡くなったけど、おばさんはどうだったかしら?」
と思いだすこともできません。

お向かいは、若夫婦がクリーニング屋さんをやっていましたが、
その夫婦がかなり年配になり、
2、3軒離れた場所に大きなクリーニング屋さんを建てて働いていました。
「あの頃から、休みなしで働いていたもんなあ」。
いつも、その働きぶりを見て、
夫婦で商売をするのは大変だろうなあ、と思っていたからでしょう。

お隣の薬屋さんは、もう息子の代になり、すでにその店ももうやめているのに、
ちょっと美人のおかみさんだけは、
まったく年をとらずに、豆腐屋の店先でおしゃべりしていました。

その先のサンドイッチ屋さんは、
よく、日曜日のお昼にフルーツサンドを買って食べたところ。
少し先に、何とかマーケットという長屋のようなお店があって、
肉も魚も野菜も、そこで一通り買えたので、
スーパーに行く必要はありませんでした。

当時通ったわけではないけれど、銭湯があり、
さらに先へ行くと小さな境内のある神社があって…。

うわ~。なつかしい。多少は変わったけど、
まだあったんだわ~と、思いながら、目が覚めました。

なんだか、タイムトラベラーになった気分。

グーグルなら、その場所が今どうなっているか見ることができるのですが、
その風景は、私の心の中にあり、時を経た今の姿でさえも、自分の心の中においておきたい。
そんな気がします。

昔のことを夢に見るのは、自分が年をとったせいなのかなあ。
でも心地よいなつかしさがありました。

雨の名古屋城なんですけど

名古屋城そばのウエスティングホテルに行ったので、名古屋城にも足をのばしました。
東京より桜が残っていました。

あ、でも、金のシャチホコガ入ってない!

130406_154742 (2)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH