Entries

恥の上塗り

橋下大阪市長、まだ辞める気はないけど、
アメリカへの視察旅行、会ってくれる人がいなくて、中止になり、
とうとう、市長としての仕事にも支障をきたしましたね。

あなたの常識は世界の非常識ってこと、分かってないだろうなあ、きっと。

米軍への発言は謝罪、撤回したけど、
慰安婦問題については、撤回せず、マスコミの誤報が誤解を生んだと、
問題のすり替え、責任逃れ。結局何がいけない発言だったのか、
全くわかっていらっしゃらないことを露呈するばかりで、
恥の上塗りというやつですね。

自民党も、橋下サンとは意見が違うようなふりをしていますが
もともと橋下サンの言っていることは、あべさんの持論ですからね。

それに、あべさんも何をどう隠しても、
女性を利用する発想はからは、離れられないみたいで。

先日、あまりの不評のために撤回した「女性手帳」構想
~女性の出産年齢や身体を管理しようとするものもしかり。
それから、
女性の能力を活用するためとか言っている「3歳までの育児休業延長」路線、
しかり。

一所懸命女性に優しいふりをしようとするんだけど、
よけいな御世話じゃ~。

ちょっとあわれに見えてくるくらい、出す政策、出す政策、
的外れなんだけど、

それでも女性をだませると思っていることが、
人を小馬鹿にしているよね~。

(しばらく、書きたいのをがまんしていたから、吐き出しちゃいました)


あ、A子様、またコメントくださいね。

バカにつける薬

先週は忙しいさなかの橋下発言で、
久々に、怒りで何も手につかなくなった。

でも、とにかく仕事が山積みなので、
これはいかんと思い、
抗議文書いて送りましたが、
大阪市に届いた抗議文は翌日までに300何通とか。
え~。みなさん、声をあげないんですね。

これは、日本人の特質でしょうか。
英語の国なら、
何も言わないということは意見がないことと思われてしまいますから、
とにかく意見を言いますよね。
それがうざいときもありますし、
たま~にそうじゃない欧米人を見ると、
ホッとしたりもしますけど。

ウチではテレビのニュース見ながら、
いっつも、何言ってるの?と
意識的に言いますね。
子どもの価値観は、勉強したり本を読んだりよりも、
日常の中で作られていくと思うので。

で、話は戻りますが、橋下発言、
あまりにレベルが低くて、お粗末で、
反論する気にもなれないので、
だれか、バカにつける薬、発明してくれないかなあ。

レインボウブリッジから

連休中に、近くに行ったついでに、
レインボウブリッジを歩きました。

自転車の人は、おして歩かないといけませんが、
サイクリング中の人もたくさんいました。
そこからの眺めです。
reinbou

最近の仕事

3ー4月の仕事実績は以下のようなものです。

皮膚科の生物学的製剤セミナーまとめ
 乾癬の治療薬です。こうした新しい薬では、病診連携がますます重要になっています。

乳がんホルモン薬関連の取材
 継続的に各地のがんセンターなどを取材しています。

メディエーター関係シンポ取材記事
 メディエーターの役割について、
 研究者、医療者、医療安全担当者、市民がそれぞれ発言したシンポジウム

在宅医療・介護ビジネスモデル原稿まとめ
 医療と介護をつなぐまちづくりの未来を展望する大学教授のお話。
 夏以降に書籍が発行されます。

メタボリックシンドローム 連載2
 「いまさら聞けないメタボリックシンドローム」という連載を隔月でやっています。

在宅介護の栄養に関するシンポ記事
 訪問看護師さん向けの在宅医療・介護と栄養に関するシンポジウムの取材記事。
 形はそのまま残しているけれど、柔らかくて食べやすい老人食が紹介されていました。
 食事の姿勢で誤嚥性肺炎をどのように防いでいるか、など、
 今の介護の研究はひじょうに進んでいると実感しました。
 栄養が、じょくそう予防にもかかわるという研究結果もあるそうです。

ピロリ菌パンフレット原稿
 内視鏡検査をしてピロリ菌感染胃炎と判定されると、
 保険を使って除菌ができるようになりました。
 それにより、胃がんが大きく減るのではないかといわれています。
 

じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ~

ハマってます。朝ドラ「あまちゃん」。
いや~。
さすが、クドカンはおもしろい。

毎朝、笑い転げてます。
6週目に突入した今朝は、とうとう、死んだと思っていたおじいちゃんに遭遇して、
驚きのあまり、アキは、じぇじぇじぇの最上級、
「じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ~!」を繰り出し、
とうとう、言葉を失い、「じぇじぇ~」だけしか言えなくなり、
「じぇじぇじぇ~」に字幕がつくという…(あ~。笑った~)

ストーリーも面白いんだけど、こういうルール度外視の展開、
毎回、忍び込む小ネタがたまらん。
眠れない時は「うにが一匹、うにが二匹…」とか、
「ほれ、マメブじゃなくて…」「デジャブ」とか…。

「木更津キャッツアイ」で、最初に(!)ぶっさんが死ぬとき、
みれい先生のカーディガンに
シジミの殻がついているのが気になって気になって仕方がない、
っていうシーンを思い出します。

先週からは、「図書館戦争」の手塚も、アキが一目惚れした種市先輩として登場。
イヤ~、これからがますます楽しみです。



  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH