Entries

さくら?


IMG_1067.jpg

駅前で見つけた花。
さくら?
と思ったら、
「あんず」でした。

さくらは、昨日はまだつぼみでした。

流行語候補? 「祈ります」

昭恵夫人のメール公開。

[祈ります]が連発されて、気持ちワル。
もしかして、「流行語」大賞をねらってる?

100万円渡してない、というなら、それはそれでいいでしょう。
10万円、もらっていないというのなら、
それは、「名誉校長」になるほど、籠池氏の「教育理念」とやらを評価していた、
だから、内輪の関係者ということで、講演料はお断りした、ということにならないでしょうか。

首相、首相夫人、日本会議と同じ思想を持つ「お友だち」の学校だから、国有地を
実質200万円で売ってあげるよう、いろんな人たちが奔走した、
というのが、いちばん無理のない解釈だと思いますよ。




嘘にうんざり

トランプ氏は、就任前から、)嘘をつき続けている。
それも、調べればすぐにわかる嘘ばかり。
カナダ紙・トロントスターの記者が[ファクトチェック」
をしたら、
就任の10月30日までに、「嘘」と認定した発言は560個あったという(ニューズウイーク 日本ウェブ版)。
大統領サイドは、嘘を「オルタナティブ・ファクト(alternative facts)」と言いかえ、
嘘の上塗りを始めた。
35人の精神科医などは、連名でトランプ氏の精神不安定性を問題にし、
「自己愛性パーソナリティー障害」(NPD)の疑いを表明したという。
こんな人に、核のボタンを任せていいのか。

追加します。
(これは、精神障害者が政治家に向いていない、という意味ではありません。
しかし、核のボタンを持つ人の資質として、一般論を当てはめることはできないと思います)


しかし、これを対岸の火事と言っていられないのが日本。
安倍首相と昭恵夫人、稲田防衛長官、そして籠池夫妻、石原前都知事…。、
登場人物のすべてが
嘘つきのミステリーは、
もはや、ミステリーとしても成立しないのでは?

マスコミに、ファクトチェックしてくれる人がいればいいのですが。
日本にもきっといるはず、と信じたい。

菜の花

IMG_1057.jpg

散歩コースの川べりは菜の花が満開。
昨日は、雉(きじ)も来ていたので写したんですが、
スマホではやっぱりとれませんでした。

「やわらかく、飲み込みやすい高齢者の食事メニュー」

「やわらかく、飲み込みやすい高齢者の食事メニュー」
中村育子監修 ナツメ社刊

高齢者

執筆協力いたしました。
自分でいうのもなんですが、とってもいい本になりました!

ここからは監修の中村先生の意見ですがーー。

高齢者は野菜中心の食事がよい、というのは大きな誤解。
それはメタボになりがちな中高年の場合で、
高齢になるとむしろ低栄養にならないよう、
肉、魚のたんぱく質をしっかりとる必要があります。
身体が徐々に変化していくお年寄りには、食材を刻めばよい、
というわけでなく、刻んだことでむせてしまうこともあります。
水分と固形物の組み合わせも危険で、
お味噌汁の具は何でもいいわけではなりません。
その人の噛む力、飲み込む力、消化する力により、
食材や作り方を変える必要があるんです…

そんな知識にもとづいたメニューが満載です。
とっても役に立つと思います。

「オリンピック大事典」

やっとできた「オリンピック大事典」。和田浩一監修
金の星社刊3800円。
編集協力いたしました。

オリンピック大事典

小t学生向け。図書館にはぜひ置いてほしいですね。

いま、私は健康関連の仕事が多いのですが、
オリンピック関連のニュースを見ても、わからないことが多かったので、
仕事を受け、ずい分勉強になりました。
おかげで、
古代オリンピックの起源から、今日のいろいろな課題まで、
だいぶ分かりました。

どうしても分らなかったのは、
小池都知事と森さん(東京オリンピック組織委員会)は、どちらがエライのかということ。
その答えはどこにも書いてありませんでした。
だからいつも、あんなにもめるんだな~。
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH