Entries

診療科名の標榜見直し

今年4月1日から、医療機関の標榜診療科名の見直しが行われました。(経過措置あり)

詳しくは日本医師会のHPに出ていますが、
内科・外科とからだの部位、器官、臓器、組織、または機能の組み合わせや、
疾病、病態の名称の組み合わせ、
患者の特性の組み合わせ、医学的処置との組み合わせが
できるようになるそうです。

たとえば呼吸器内科、呼吸器外科
放射線診断科、放射線治療科
児童精神科、老年精神科
というふうに…。

医師の専門分野を出すことは、よいと思うのですが、
これって、患者からすると、どこに行けばいいのか、ますますわからなくなりませんか?

児童と老年を間違える人はいないけど、自分が老年と思っていない老年もいるし、
どこが悪いとわかっていて、病院に行く人ばかりじゃないし…。

となると、体調が悪いとき、とりあえず、大きな病院に行ってみよう、
となって、
ますます、大きな病院が混雑することになり、
本当に、大きな病院(高機能の)でしか治せない病気の人の治療が
遅れることになるのではないかしらん?

まあ、「内科」とか「精神科」というざっくりしたのも、消えちゃうわけではないので、
困らないかもしれないけど。

患者全体にとって、また、
開業医の方々にとって、これはよいことなのかどうか?

まあ、開業医の方の心配はしませんけど。

だって、開業医ってやっぱり、もうかるんですね。
去年開業した知り合いの医者が、
去年は、患者が来ない~とぼやいていたので同情してあげたのに、
先日会ったら、忙しくて忙しくて、と言いつつ、
アウディの新車買っていたので、
「ざけんなよ~」と思いました。

ブログランキングへの投票、お願いします。(クリックしてね!)

人気ブログランキング

FC2ブログランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/139-be246424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH