Entries

クラシックはやめて

このところ、向かいのマンションから、クラシック音楽が聞こえてくるのが日課になりました。

私は、クラシックにはまったく、うといので、
誰のなんという曲かわかりませんが、
いつも流されるのが、クラリネットか何かの、さらさらと水の流れるような音楽。

たぶん、自宅で版画工房をやっているアーティストが、
仕事のBGMとして聴いているのでしょう。

これが、ハッキリ言って耳触り。
イラつきます。

世の中、だれもがクラシック音楽が好きだと思ったら大間違いですよね。
(嫌いというわけじゃないけど、どうせなら、もっと、情感あふれるやつがいい)

ところで、少し前に、
事故で数週間もこん睡状態だった初老の男性が、
家族のかけたローリングストーンズを聴いて目を覚ましたというニュースがありましたよね。

若かりし頃に好きだったキースのギターを聴かせよう、と思った家族の思いやりの勝利でしょうか。
やっぱり、音楽には、脳は反応するんですね。

私も、サティスファクションならちょっと聞いただけでビビッと反応してしまうので、
何かあったらかけてねと、家族に頼んでおこうかな。

あ、それから、音楽葬もいいな。
自分は死んでるから聞こえないかもしれないけど、
その人が日ごろどんな音楽を聴いていたかというのは、
本棚と同じで、
その人そのものっていう気がする。
どうか、クラシックで送るようなことはしないでほしい、とそれだけは頼んでおこう。

…なんか、変な話題になってきましたね。

そうそう。
ローリング・ストーンズの新作映画、
「SHINE A LIGHT」
ストーンズ好きの友だちと一緒に試写会見てきました!!

スバラシイ! 

シワシワのミックの顔のアップや、
スコセッシ監督との映画作りの主導権争いの緊張感もなかなかのものですが、
やっぱり、ストーンズは、コンサートだ!
ということを体感できるこの映画。

ロックンロールに年齢は関係ない、というよりは、
ロックンロールには年輪が刻まれる、ということがわかります。

「AS TEARS GO BY」も、今のストーンズが歌うと、昔と全く違った意味合いを帯びてきて、
感慨深いものがありました。

ミックジャガーはきっと、
「永遠の少年、キースが今も無茶をするから、生きている間に、
映画でコンサートを記録しておこう」と思ったに違いない…とひそかに思いました。

関連記事

コメント

[C560]

自分の尺度や考えを周囲に押し付ける人って、結構いますね。
まわりに迷惑をかけていることに全く気がつかないどころか、みんな喜んでいるだろう、なんて思い込んでるから余計、たちが悪い。
どうしましょうね。
対抗して、ロックを流して中和してしまうとか?(笑)
最近は注意するにも、神経を使わないと危ない世の中になってしまいましたものね。^^)

[C561]

かもめさん、こんにちは。

私は自分の趣味が結構偏っていることを自覚しているので、なるべくイヤホンで聴いています。
だから、コンサートに行くと、安心して開放的な気分になれます。嫌いな人は最初から来てませんから。
  • 2008-11-05 12:57
  • medwriter
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/151-f6df8f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH