Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C570] はじめまして

こんにちは。ネットで遊んでいて偶然このブログを拝見しました。わたしもメディカルライターに分類される仕事をしています。とはいってもフリーになってまだ1年の駆け出しです(年は食っていますが)。わたしにも小さい子供がいるので今回のペットのお話は身につまされます。
  • 2008-12-14 17:52
  • アサカシキオ
  • URL
  • 編集

[C573] コメントありがとうございます

アサカさん、初コメントありがとうございます。
早速、ブログを拝見しました。フリー1年目とは思えない、お仕事ぶりに恐縮しています。刺激になりますので、リンク張らせていただいていいですか?

Thermeさん、お久しぶりです
ごらんの通り、spamが多くて、コメントを承認式にしてしまいました。免疫力、うちは家族でニンニクで高めているので、ちょっと周りに迷惑かも。

杉田平和さん、お知らせありがとうございます。
温暖化でホッキョクグマも絶滅寸前。質の高い動物番組が増えないと、いけませんよね。

  • 2008-12-16 04:41
  • medwriter
  • URL
  • 編集

[C574] もちろんです

おはようございます。
>、リンク張らせていただいていいですか?
もちろんです。わたしのブログはまだまだアクセス数がしょぼいので大歓迎です。もっともブログをいつまで続けられるか自信ありませんが...。
これからはこちらのブログも時々拝見させていただきます。よいお年をお迎下さい。
  • 2008-12-16 09:38
  • アサカシキオ
  • URL
  • 編集

[C577] わかります。

 私も動物好きで、友達の家から猫を借りたり、犬を拾ったりしました。 幸いにもうちは田舎で、動物を置いてあげるスペースがあったのですが、今子供が同じようなことをしたら、飼ってあげられない状況です。 それでも、子どもには生き物と触れて、命を大切にする心を育んでほしいです。

[C578]

thermeさん、私も、自分は田舎で犬やウサギを飼っていました。だから子どもの気持ちがわかって、よけいに切ないんですよね。
ハムスターぐらい、いいだろうと思ったら、アレルギーがあることもわかって、ぜんそくがまたぶり返したら困るし、と躊躇してしまうんです。
  • 2008-12-23 08:18
  • medwriter
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/161-3b492581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな事件

子どもがいると、小さな事件がときどき起こる。

でも、今日の事件は、子どもにとっては、かなりショックな事件になりそうだ。

動物好きの子どもが、子猫を拾ってきて、
一晩だけでいいから、家の外で面倒見させて、という。

友だちと一緒に、近所の動物の写真を撮って、イヌねこマップを作るほどだから、
どこにどんな犬や猫がいるか、名前も全部知っているし、
その飼い主とも顔見知りで、私よりずっと顔の広い子どものこと。

思えば、今まで、子猫を拾ってこなかったほうが不思議だが、
今日の猫とは、よほど、波長があったのか、
どうしてもお願い、一晩だけでいいから、と懇願する。

うちは、ペット禁止のマンションだから、猫は飼えないし、
一晩面倒見ると、明日、別れるのはもっとつらくなるんだよ、
野良猫にえさをあげたい気持ちはわかるけど、
そうすると、野良猫がもっと増えて、かわいそうな猫がもっと増えてしまうんだよ、
だから、
ペットOKの家に住んで、死ぬまで面倒見られるようになるまでは、我慢しなくちゃいけないんだよ、
と話して、ようやく、子どもは納得して、元いた場所に戻してくる、と出て行った。

外で、何やら声がするので、見に行くと、
子どもは、すでに、そのネコには名前をつけて呼んでいるし、
段ボールにタオルやぬいぐるみのおもちゃ、食パンと牛乳まで入れているものだから、
ネコのほうがなついてしまって、子どもから離れようとしない。

白地に茶と黒のもようがついていて、
なかなかかわいいし、なき声に力がない割には、体をすりすりと足にすりつけてきて、
「ワタシ(ボク?)を飼ってよ!」と
私にまでアピールしてくる。

でも、ぐっとがまんして、「ぜったいにぜったいに、一晩だけでもダメ」と言って、
置いてこさせるのだが、
そのたびに、抱っこして抱きしめるようにして連れて行くものだから、
猫は何度もうちの前に戻ってきてしまう。

どうしよう、と思っていたが、
夕食をすませて、こどもを空手教室に送ったころには、ネコはいなかった。

隠れて猫を飼っている2階の住民が家に連れて行ったのかもしれない。

子どもはまた近くに来ると思っていた猫が見当たらないのが、よほど悲しいらしく、
めずらしく、しくしくと泣いている。
布団に入ってからも、何度も目を覚ましては、泣いている。
だんだん号泣に近くなって、泣き疲れたのか、ようやく眠ったようだ。

たった一匹の猫も飼ってやれないなんて、都会の借家ずまいの親の、なんと悲しいこと!

こうなったら、
宝くじでも当てて、「好きなだけ、ペット飼っていいよ~」と、言ってみたいもんだわ。
せめて子どもが大きくなる前に。

宝くじ、風水を信じて置いている黄色の招き猫の下にしまっておこうかな。
関連記事

コメント

[C570] はじめまして

こんにちは。ネットで遊んでいて偶然このブログを拝見しました。わたしもメディカルライターに分類される仕事をしています。とはいってもフリーになってまだ1年の駆け出しです(年は食っていますが)。わたしにも小さい子供がいるので今回のペットのお話は身につまされます。
  • 2008-12-14 17:52
  • アサカシキオ
  • URL
  • 編集

[C573] コメントありがとうございます

アサカさん、初コメントありがとうございます。
早速、ブログを拝見しました。フリー1年目とは思えない、お仕事ぶりに恐縮しています。刺激になりますので、リンク張らせていただいていいですか?

Thermeさん、お久しぶりです
ごらんの通り、spamが多くて、コメントを承認式にしてしまいました。免疫力、うちは家族でニンニクで高めているので、ちょっと周りに迷惑かも。

杉田平和さん、お知らせありがとうございます。
温暖化でホッキョクグマも絶滅寸前。質の高い動物番組が増えないと、いけませんよね。

  • 2008-12-16 04:41
  • medwriter
  • URL
  • 編集

[C574] もちろんです

おはようございます。
>、リンク張らせていただいていいですか?
もちろんです。わたしのブログはまだまだアクセス数がしょぼいので大歓迎です。もっともブログをいつまで続けられるか自信ありませんが...。
これからはこちらのブログも時々拝見させていただきます。よいお年をお迎下さい。
  • 2008-12-16 09:38
  • アサカシキオ
  • URL
  • 編集

[C577] わかります。

 私も動物好きで、友達の家から猫を借りたり、犬を拾ったりしました。 幸いにもうちは田舎で、動物を置いてあげるスペースがあったのですが、今子供が同じようなことをしたら、飼ってあげられない状況です。 それでも、子どもには生き物と触れて、命を大切にする心を育んでほしいです。

[C578]

thermeさん、私も、自分は田舎で犬やウサギを飼っていました。だから子どもの気持ちがわかって、よけいに切ないんですよね。
ハムスターぐらい、いいだろうと思ったら、アレルギーがあることもわかって、ぜんそくがまたぶり返したら困るし、と躊躇してしまうんです。
  • 2008-12-23 08:18
  • medwriter
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/161-3b492581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。