Entries

思考法に問題アリ?

先日に続き、
2008年の医療・健康関連のgoodニュースを3つ選ぼうと思い、
いろいろ思い出したり、見過ごしたニュースはないかと、
ふだん、見出ししか見ない医療系のメルマガなどをざっと見てみましたが、

う~ん。むずかしい。

よいニュースで、今後、医療全体にも影響を与えるかも、と思えたのは、ひとつ。

全国医師連盟の結成、ぐらいでした。
この組織は以下のような理念を掲げています。
・私たち「全国医師連盟」は、患者と医療従事者の権利を重んじ、医療の質の向上と診療環境の改善のために活動します。
・私たちは、患者と医療従事者の権利の確立と適正な診療環境を実現するために、いかなる圧力にも屈せず、行政、立法、司法、メディア、そして国民に、医療のあり方を提言します。
・私たちは、地域、世代、診療科および医局の枠を越えて、真の社会貢献を果たします。

注目点は、
・個人加入の医師の労働組合をつくって、医師の労働環境を良くすることを通じて、
医療の改善を図ろうとしていること、
・代議制でなく直接民主主義で役職を選ぶとしていること、
・メディアにも、誤報などに対して積極的に解説を行うとしていること、
などでしょうか。

疑問点は「患者と医療従事者」の権利の確立を目指す、といった時に
今後、そうした医師以外の立場の人と、どう連携を作るのかな、ということです。
患者の権利や、コメディカルの権利を、代弁されても困ると思いますし。
違いははっきりさせたほうが、協力関係が作りやすいというものです。

影響力はまだ未知数とはいえ、
日本医師会にも先日、代表者が招かれて、勤務医の労働など、何らかの提言をしたようですし、
医療再生にとってよい方向に影響が出るといいなと期待しています。

で、ほかには、これだというニュースは見つかりませんでした。

これに関して、ちょっと、思うところがあります。

どうも私は、日常生活ではかなりお気楽で、
ものごとを楽天的に考えるほうなのですが、
社会の出来事については、悪いところばかり目についてしまう傾向があるようです。

確かに、この年の瀬も、悪いことばかり起きています。
大量失業、派遣の首切り・住居まで追い出されて、
また自殺者が増えるんじゃないか、とか、
飯島愛ちゃんの、あまりに悲しすぎる孤独死、とか、
イスラエル、なんてことするんだ ! とか、
怒ったり憂えたり、悲しんだりすることばかり。

すると、なんでも、「いやだ」とか、「NO」という習性が身について、
だんだん気持ちが暗くなります。

でも、いいことも絶対に起こっているはずで、
実際、仕事でも頑張っている人たち、魅力的な人たちにいろいろ会っているのだから、
世の中、そう暗い面ばかりではないのかもしれません。

これからは、そういうところにもっと目がいって、
そのいいことに、自分も何らかの形で連なっていけたらいいなあ、
なんて思います。
「YES」のほうがストレスも少ないですからね。

大切なのは、敵対することではなく、共生すること。
そのための問題解決能力だと思います。
(何の話か、わからなくなってきちゃいました)


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/163-acf6c464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH