Entries

いま、一番すごい人

厚生労働省崩壊-「天然痘テロ」に日本が襲われる日厚生労働省崩壊-「天然痘テロ」に日本が襲われる日
(2009/03/31)
木村 盛世

商品詳細を見る


この間、新型インフルエンザのウォッチングをしていましたが、
その中で、最も明快に、説得力を持って発言しているのがこの、木村盛世さんです。

なんといっても、現職の厚生労働省職員。
感染症の専門家で、検疫官。
先日は、国会の参考人として「検疫は政府のパフォーマンスに過ぎなかった」と発言しました。
パフォーマンスを命じられた張本人が、こう言ってのけたのです。

厚生労働省は国民の生命と健康を守ってくれるお役所だという信頼は、
年金問題や肝炎問題などでかなり低下していましたが、
それでも10%ぐらいは幻想を持っていましたが、
この本を読んで、その幻想は1%以下になった感じです。

つまり、全職員の中で、そのくらいしか信頼できる人はいなさそうだ、ということです。
しかもそういう人は重要なポストにはいませんから、
まっとうな職員の意見は政策には反映されません。

そもそも自分の意見など持ってはいけない厚生労働省の中に、いつまでとどまれるのか、
それはわかりませんが、どうか、中でがんばってほしい。

母親の介護と双子の育児を抱えるシングルマザーでありながら、
日本の感染症対策に真剣に取り組んでいる女性です。

ちなみに、この間の新型インフルエンザに関する発言は、
彼女のオフィシャルサイトで読めます。
ロハス・メディカルのインタビュー
直近で、ダイヤモンドオンラインのインタビューもあります。


新型インフルエンザ対策で彼女が言っているのは、
・感染症には感染拡大を防げるものと防げないものがあり、
インフルエンザは防げない感染症である。
・したがって、国がやるべきことは重症患者を救う医療体制の整備しかない。
ということです。

もし私たちが新型インフルエンザにかかった場合はどうすればいいか。
・重症でなければ病院には行かない、
・タミフルは軽症なら使うな、
・予防投薬などもってのほか
とも言っています。

この本と併せて読めば、その理由がわかります。

関連記事

コメント

[C624] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/186-82fb1003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH