Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/220-3d1b2376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リピーター

【2009-2010年度版】図解 フリーランスのための超簡単!青色申告【2009-2010年度版】図解 フリーランスのための超簡単!青色申告
(2009/11/30)
塚田 祐子

商品詳細を見る


そろそろ、確定申告の季節ですね。
(早すぎる~)

青色申告にしてから、今年は3回目の確定申告です。

私が使っているソフトは、この本を買った人が、
本についているIDを入力してダウンロードできるもので、私は前のIDの期限が切れたので、
最新版を買いました。(リピーターです)

この本のソフト、フリーランスには本当に使いやすいですよ。

ダウンロードしている人は25000人だそうですが、
「まだ」なのか、「もう」なのか…。

いずれにしろ、ソフトも、最初に買った時からバージョンアップして、ますます使いやすくなっています。

といっても、弥生会計とか、他のソフトは使ったことがないので、実は比較できません。
でも、私のように家計と仕事の収入・支出をごちゃ混ぜにして管理している者にとっては、
本当に使いやすいんですよね。

青色申告に必要な複式簿記は、
昔、零細出版社にいたときに、伝票を書くのと帳簿をつけるのはやったことがあったので、
それほど難しくはなかったのですが、
(まだ、パソコンがなかった時代です! 
でも、複式簿記の仕組みがよくわからなかったので、
自分で本を買って勉強したのが役に立ちました)

問題は、現金の扱いです。
原稿料が入金されたら、それを銀行からおろして、生活費に使ったり、経費に使ったりするので、
お財布を二つに分けて現金を管理しようなんて思ったら大変な手間になるし、
実際、やってみたこともあるけど、
3日も持ちませんでしたね。
だって、取材に行く時の交通費は仕事用のお財布から出して、
ランチ代は個人用の財布から出して、なんて、絶対、ムリ。

この本では、事業用の現金は持たないことにして、
すべて、事業主貸、事業主借で処理しなさい、と教えてくれます。
これなら、事業用の現金をいくら使って、いくら残ったかという計算も、
現金と計算上の数字を合わせる必要もないので、ほ~んと楽です。

あとは、3月15日までに申告すれば65万円控除が受けられるので、かなり節税できます。

私は数字に弱くて、
他人の誕生日とか、自分のいろいろな記念日とか、まったく覚えられません。
子どもの誕生日さえ、月日は知ってるけど、何年生まれ?と聞かれると、
確か、今12歳だから、え~と、と指で数えたり…。
自分の年齢もすぐ忘れてるので、飛行機のチケットを買うときは子どもに
お母さん、何歳になったっけ?と聞いたり、自分の携帯番号さえ、いまだに覚えられません。

アハ。覚える気がないんです、きっと。

ところが、そんな数字嫌いの私が、
不思議なことに、確定申告の書類作るのは、好きなんですよね~。

税金の還付請求の金額が絡んでくるから、ということももちろんあります。
(ボーナスのないフリーにとっては貴重な、特別収入)

でも、それだけじゃなくて、数字がぴったり合った時のスッキリ感!

パソコンだから、昔、そろばんでやっていた時みたいに、計算違いはなく、
自動的に正しく計算してくれるのもうれしい。
合わないときに、どこが間違っているかを見つけるのも論理的な思考なので、
結構好きですね。

ところで、これだけ、パソコンが当たり前に流通して、
データを一括管理することがいかに仕事の効率をあげ、間違いを見つけやすいか、
みなさん、よくご存じだと思います。
それで、脱税も防げるし、健康保険や年金のミスも減るとなると、
やっぱり、国民総背番号制があったほうが、いいんじゃないの?って、
どうしても考えてしまいますよね。
(まあ、今は住基ネットがあるから、その体制はほぼできているようなものですが)

そこに、医療のデータも加えてしまえば、生まれてから死ぬまでの健康データも管理できちゃうし、
すべてのプライバシーはコンピュータの中に収めることもできますね。

それが、権力をもつ人に利用されるとどうなるか考えると怖いので、
うかつなことは言えませんけど、
行政で、間違いや記入漏れを防ぎたいと思って仕事をしている人が、
そういうシステムを作りたくなる気持ち、よ~く分かります。

だから、「反対」というには、それなりの根拠を示して、
なおかつ、それがなくても、ミスを防げる方法を提案しないと、
やっぱり、そういう方向に行っちゃうんだろうなあ。

(ああ、また関係ない話になってしまった)

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/220-3d1b2376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。