Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/231-9bc3090a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『彼とわたしの漂流日記」

韓国映画。

漢江(ハンガン)と言えば、ソウルの街を流れている大きな川。そこに、無人島があったとさ。
この無人島、環境保護区に指定されている野鳥の楽園。

仕事に失敗してリストラされ、人生をあきらめた男が、身投げして、その無人島に打ち上げられます。
初めは救助を待っていた男は、だんだん、そこでの一人の暮らしに心地よさを感じて、
サバイバル生活を始めます。

その様子を、偶然、双眼鏡で見つけたのが、
引きこもりで外の世界を窓から眺めることしかできなかった若い女の子。

彼女は彼を観察し続け、やがて惹かれていき…、という、ちょっと、現代のおとぎ話とでも呼びたいお話。

それにしても、リストラによる自殺未遂とか、ひきこもりとか、
状況が日本によく似ています。

一つ違うのは、北朝鮮と「休戦」状態にある韓国という国の政治事情。
今も、半年に一度、訓練空襲が行われ、その時間は街中の車がとまり市民も一斉に屋内避難するのだそうで、
その訓練空襲が映画に効果的なエッセンスとして使われています。

韓国映画が元気でおもしろいのは、
こうした社会性を背景にきちんと入れているため
つまり監督が社会性を持っているため、ではないか、と思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/231-9bc3090a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。