Entries

湿潤療法

みなさんは、擦り傷や切り傷、どのように治していますか?

消毒液をつけずに、水で傷口を洗って、ラップで閉じるという湿潤療法のほうが、治りも早く、
かさぶたができないから、傷跡もきれいということが言われるようになって久しいのですが、
習慣とは恐ろしいもので、
私はすりむいたりしたとき、つい、液体の消毒薬をつけてしまいます。

でも、この間、子どもがけがをした時、そうだ、やってみよう!と思って、
試してみました。
サランラップを傷口にかぶせてテープで留めるという方法もありますが、
今は、市販のバンドエイドより少し大きめの
キズパワーパッド(ジョンソンエンドジョンソン)がスーパーでも買えます。

子どものけがというのは、
バレーのネットの支柱を片づけていて、支柱が倒れて足に当たったというもので、
足の親指の爪と皮膚の境目あたりを強く打ち、
ソックスとバレーシューズが赤く染まるほど出血していました。

ただ、子どもは、けがの直後は、「だいじょうぶ!」と、友だちに強がって見せたのです。
家に帰る途中で、どんどん痛くなり、おまけに夕立にあいずぶぬれ。
そこで、我慢の糸が切れ、号泣して帰ってきました。

それがちょうど、病院もお盆休みになった13日。(あら!13日の金曜日だったのか~)

救急病院に行くほどでもないと判断して、
ソックスをぬがせて、とりあえずは消毒しました。
最初は、怖がって、水洗いどころじゃないし…。

生理用パッドの小さいのをテープで留めておきました。
(大きな傷には役立ちますね!)

2日ぐらいたって、出血がだいぶおさまってから、
キズパワーパッドを使ったんですが、
はり替えるたびに、傷口が小さくなっていくのがわかるし、
かさぶたができないからはり替える時も痛くないので、
子どもも、効果を実感したようです。

傷口にワセリンを塗ると、もっと痛みが少なくてよかったというのは後で知ったのですが、
この方法は、転んですりむいたりしたときには、よいのではないかと思います。

実験台になってくれた子どもは、ようやく今日から部活に復帰しました。

ちなみに、臆病ですごく慎重なので、大きなけがをしたことがなかったうちの子にとっては、
これが人生最大のけがです。
(じつは、生理用パッドを使ったのもこれが初めて)
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/244-b44fc2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH