Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/282-d5093bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東電につけといて!

じつは、メタボダーリンの父親は
東京電力第一原発から20km圏内の、浪江町に住んでおりました。
TOKIOが通っていたダッシュ村があったところです。

地震から1週間以上、行方不明でしたが、親戚知人、たくさんの人の協力で
避難所にいることがわかりました。
幸い、家や仕事場は津波の被害は受けなかったのですが、
命からがら逃げ、逃げる途中に、車がだめになり、放置してきたそうです。
もちろん、原発事故で、今も、避難所にいます。

そんなわけで、うちも、いろいろと、ものいりです。
生活用品は避難所で配給されるようですが、
お金持ちの兄弟が車を買い、
うちは携帯を買い…。

先日は、避難所を回って探し出してくれた方が上京したので、
お礼に出向きました。

命が助かっただけよかったとは思っていますが、
補償の先行きも暗いので、
避難生活関係でお金が出て行くたびに、
うちでは、「東電につけといてって、言おうか」と冗談を言っています。

やれやれ。

それにしても、
原発事故の被害はこれからまだまだ続きそうだし、
これから何年間も、そして海の汚染を考えると被害は地球規模に広がりつつあります。

経済的にも、文化的にも、今までの暮らしはもうできないと思います。

節電が嫌だとか、電気料金や税金が高くなるのが嫌だとか、
そういうレベルの話ではなく、
これだけの莫大な負債を未来に課してしまったわけですから、
覚悟を決めて、
これからの生き方、暮らし方を考えなければいけないのかもしれません。

大人は、その責任を負うのもしかたありませんが、
子どもたちだけは、守っていかないと、と思います。





関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/282-d5093bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。