Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/312-a9292d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中村伸一先生のサイン本ゲット

寄りそ医 支えあう住民と医師の物語寄りそ医 支えあう住民と医師の物語
(2011/08/03)
中村伸一

商品詳細を見る


先週土曜日、中村先生の講演が世田谷であり、行ってきました。
講演後に本を買うとサインをして下さるということでしたが、すごい行列でしたので、
時間がなかったため、既にサインされている本を購入して帰ってきました。

「名田庄より、愛と気合いをこめて!」というメッセージとともに、
サインが入っています。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で地域医療にかける先生の姿を拝見して以来、
近くで講演があったらぜひ行きたいと思っていたのですが、
期待通り、というか期待以上にいいお話でした。しかも、お話がすごく上手で、
先生のユーモアと情熱あふれるお話に感動。

医療を「相互不信から相互の信頼へ」という先生のお話は私もまったく同感です。
私の周りには、とくに医師、病院への不信感を強く持つ人が多く、
ワクチンも抗がん剤も、嫌い、全部いやという人もいますが、
いい関係をどこからか作っていけないかな、と思います。

また、この本にもありますが、自宅で死にたい、
という希望をかなえられる体制を作っていこうという、
「全国名田庄化計画」は、
自分の将来のことを考えても、とても重要な夢です。

「ぴんぴんころり」が理想というけれど、
ほとんどの人はそんな風には逝けず、
寝たきり、病気を通過して死に至ります。
それを含めて、いかに自分らしく最期まで過ごせるか、
自分の親や周りの人を見て、決して思い通りにはなっていないだけに、
そういう希望が実現されるためには今から何か準備をしていく必要があると感じています。

「死はきれいごとではない、つらいし痛いし苦しいし怖いし」
と中村先生もおっしゃっていましたが、
それでも、自分の家でないとしても、
「自分」を全うしたい。
家族や行政だけで足りない部分はボランティアや友だち関係の中で
お互いに支えあうということを考えていけたら。

いまは、自分の生活で精いっぱいですが、
そろそろ、そんなことを具体的に始める必要があると思っています。

講演会は世田谷区と地域医療にかかわる人たちが主催でしたので、
都会でも、家で死ぬことは可能かもしれない、といい刺激を受けて帰ってきました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/312-a9292d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。