Entries

ローマ法王の休日

ローマ法王の休日 [DVD]ローマ法王の休日 [DVD]
(2013/02/02)
ナンニ・モレッティ、ミシェル・ピッコリ 他

商品詳細を見る


去年、試写会で見たこの映画。
いま見ると絶対面白いはずなので、紹介します。

タイトルは原題ではないとはいえ、あまりにおふざけなので、
期待しないで見たけれど、
意外に面白かった。
去年(?)のカンヌ映画祭で、評判になったというのもうなずけます。
クリスチャンでない私でも(だからこそ?)十分、楽しめました。

いま、ローマ法王が退任されるとのことで、次の法王選びをすることになりましたが、
なんとなく、今の状況を予感していたのでしょうか。

この映画では、法王が亡くなり、
新しい法王が誕生するまでのいろいろなことを描きます。

選挙で選ばれた法皇様が
「私にはそんな大任は無理です。私は法王なんか、やりたいくない!」と言って、
逃亡してしまうのです。
ローマの街中を逃げ回り、
最後は連れ戻されて一件落着と思いきや、………。
意外な結末に、私は拍手!でした。

何が面白いかというと、
まず、バチカンという世界一小さな国はどんなふうになっていて、
そこに世界中からえら~い神父さま(枢機卿)が集合して、
法王を選ぶ選挙が
どんなふうに行われるのか、
というのを、
事細か~に描いていて、それがとても興味深いです。

枢機卿の中には、自分こそ法王にふさわしいと思っている人もいるのに、
決選投票しているうちに、
なぜか、選ばれたくないと思っている人が選ばれてしまいます。

プレッシャーに弱く、生真面目で人間臭い法王は、
食事ものどを通らなくなり、
精神科の診察を受ける羽目に。

このあたり、ちょっと、日本の皇族のことも思い出してしまいそう。
だって、
もしそれが自分なら、すべての自由を失ってまで、なりたいとは思わないはずのものに、
「なりたくないはずないでしょ」「王妃なんだから王妃らしくしなさいよ」
「病気治せばたのしく暮らせるよ」
といっているのとおんなじなんだもん。

「見る」と「なる」のは大違いの法王に、だれかがならなくてはならない。
それが決まりだから。仕組みだから。

バチカンがこの映画をよく、許したもんだなあ、
やっぱり、太っ腹なのかもしれないなあ。
いろんな意味で。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/374-eaa1ee62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH