Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/403-19c7952a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「風立ちぬ」に禁煙学会がクレーム

ジブリ作品、「風立ちぬ」に喫煙シーンが多いことから、
日本禁煙学会が要望書を提出したという。

う~。わかる~。

私も、封切り後にさっそく見ましたが、
自分がたばこを吸っているような気になって、
最後のほうは、もう、気持ち悪くなりました。
その意味で、ちょっと、健康に悪い。



ともかく主人公が、タバコを吸うために生きているような、
生きることイコールタバコを吸うこと、というような、
ヘビースモーカー。

まあ、かつての、それもそう遠くない
最近までの自分なんですけど……。

極めつけは、結核でもう長くない妻の手を握って、
タバコを吸うシーン。
これは、妻がそばにいてと言ったから、そうなったのですが。

ストーリーも、はっきり言って、それほどの感動はなかった。
零戦の飛行機設計者としてのストーリーと、
「風立ちぬ」を合わせる必要があったのかなあ。
別々の人物で、どこかに接点があった
という方が自然だったんじゃないかな、と思います。

あ、途中、ちょっと寝てしまったので、
偉そうに「映画評」するつもりはないんですけど。

それにしても、あのタバコの描き方は、
宮崎監督のこだわりなんだろうとは思う。

それは「昔はどこででもタバコが吸えたんだよ」
と現在の「禁煙ファシズム」的風潮に対するアンチ、
という訳ではないと思うし、
いい悪いの問題じゃなく、
呼吸と喫煙が同義語になっている宮崎監督の
存在意義確認みたいなもんかな~。

死んでもタバコはやめん、がんで死ぬのは本望って、
思っているんじゃないかな。

これを機に、ぜひ、宮崎監督のタバコへの思いを聞いてみたいもんです。

そして、いまのジブリには、
それに意見できる人は、いないんでしょうね。
あまりにも監督が偉くなりすぎちゃって。

一部韓国メディアから批判されたような
戦争賛美の映画とは私は思いませんが、

反戦映画というより、あえていうなら「非戦映画」?

やっぱり、ゼロ戦がどういう悲惨を生んだか、そこは、
もう少しわかるように伝えるべきでしょ。

(じつは、この日は「風立ちぬ」が3時間待ちだったので、その間に、
マッカーサーの映画、「終戦のエンペラー」を見ました。
はっきり言って、政治もロマンスも、
そちらの方が心に残りましたね。

「風立ちぬ」は、ジブリの昭和3部作の一つなんだそうですけど、
(他は「コクリコ坂から」「崖の上のポニョ」)
私は文句なしに「コクリコ坂から」を一位に挙げます。

声優が岡田君っていうプラスアルファを差し引いてもね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/403-19c7952a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。