Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/451-da222094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラピ、good job! 「それでも夜は明ける」

2014年、米アカデミー賞、
ディカプリオ、なかなか、賞をもらえませんね。
でも、いつかきっと!という気持ちで、いい映画に出続けてください。

作品賞に選ばれたのは、「それでも夜は明ける」。
先日、マスコミ試写でみました。

ブラピがプロデュース、そして、いちばんいい役で出演もしています。
次々に娯楽映画や話題作に出て、たまったお金を、
こういう社会正義のための映画製作に使うブラピは、
やっぱり、すごい。


この映画は実話です。

1841年、奴隷制はあるけれど、
奴隷ではなく、自由証明書を持った「自由黒人」のソロモンという音楽家が、
だまされて奴隷にされ、12年間奴隷として虐げられ、
最後に自由を取り戻して、愛する家族のもとに帰るというお話。

奴隷商人や奴隷労働、奴隷を使う白人の横暴、
日々続く暴力を余すことなく描いています。
ただただ、彼の身に実際に起こったことを、自伝の通りに映画化しただけ。

最近は、どんな実話も、
エンターテインメント性がないと映画化できない傾向がありますが、
採算を度外視して作ったとしか思えない、真面目な映画でした。
ブラピ、GOOD JOB!

ほんの100年ちょっと前まで、こんなことが現実にあったと
いうことを、私たちは思い知らされます。
肌の色、出自だけで、身分が決まる。
こういうしくみの本質は、今も、生き延びているんじゃないか、と疑う必要アリです。

黒人の奴隷たちが、綿花を摘みながら歌うブルースには
心を揺さぶられました。

さらに、
この映画と原作はアメリカでは学校の教材になることが決まったとか。

負の歴史から目をそむけず、それを子どもたちに伝えていこうとする姿勢を、
日本の政治家も学んでほしいものです。

あ、ちなみに、試写会には是枝裕和監督がいらしていました。

ギリギリに来て、私のすぐ前に座ったので、
うちの准一君が『花よりもなほ』でお世話になりました、って
つい、ごあいさつしてしまいそうでした。
(まるでお母さん気分!)


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/451-da222094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。