Entries

最先端医療とは?

3月19日、NHKの「ハートネットTV」で、
「地域で最期まで暮らしたい」ということで、
尾道市の地域医療が紹介されていました。

その中心人物は、片山医院の片山壽先生。

去年か一昨年、東京でがん患者大会での講演を聞き、そのお話に感激して、
講演を記事にさせてもらいました。
一見こわもてですが、すごく頼りがいのある先生です。

高齢者率30%の尾道市。
つまり、これは、10年後、20年後の日本の姿、
ある意味、最先端の日本がそこにあります。


その中で、どんな医療体制が必要か、
片山先生が中心になって作り上げたのが、
地域全体の医師、看護師、介護師、
家族のネットワークで患者を最期までキュア・ケアする体制です。

「ずっと元気で生きてきて病院など行ったこともない人が、
80歳になって初めてがんになったりするんです」
と片山先生。

そういうひとたちを、家庭で看取るため、、
地域の呼吸器、歯科、循環器、全部の開業医が
それぞれのスペシャリストとして訪問診療していました。

また、病院を退院する前に退院後のキュア・ケアのために
関係医師、スタッフ全員が集まってカンファレンスを行うのですが、一人の患者さんのために、
20人ぐらい集まり、その人たちが、退院後それぞれの立場で関わっていくので、
家族は在宅介護で不安に思うことがないのです。

そのカンファレンスも、時間短縮のために、事前にメールで情報交換しているということで、
確か、15分以内のカンファレンスだったと思いますが、
番組では実際に集まっているところが紹介されていました。

すごくないですか?
だれでもアクセスできる標準的な医療を
病院だけでなく、在宅でも、介護施設でも受けられる、
本当の意味での最先端医療を実現しているのが尾道だと思います。

片山先生が尾道の医師会長だった時期に、そのシステムが作られたようです。

記事を書いたときに、
電話で、一度ぜひそちらで取材させてください、って
先生にお願いしたら、
いつでもどうぞ、って言ってくださったのですが、
書けるところがないので、取材できていません。

どこかで、書かせてもらえないかなぁ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/460-83d93050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH