Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/465-b85d3061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寒かった北海道

春休み、子どもを連れて
北海道の母親のところに行くようになってから、もう、8年かな?

今年は、兄が仕事でひと冬あけている家に泊まって、特養老人ホームに通いました。
寒かった。
暖房が万全な北海道で、家の中が寒いと感じることはほとんどないのですが、
(福島の、ダーリンの実家は寒くて大変)
今年は、寒くて、かぜをひいて帰ってきました。


母親は脳梗塞が右脳にも起こったらしく
一時は、頼みの左手も使えない状態になったのですが、
その後、自然に回復して、
また、スプーンを持って自分で食事できるところまで戻っていました。
施設のスタッフの方に、
「食事だけしか楽しみがないので、なんとか自分で食べられるようにしてほしい」と
お願いしていたのですが、
施設の人たちの話では、
嚥下ができるかどうか心配だったので、最初は点滴で栄養補給していたけれど、
三日目ぐらいになると空腹を訴えたので、
食事に切り替えたら、見る見るうちに元気になりました、とのこと。
トイレも、また、介助つきですが、行けるようになっていました。

寝る、食べる、出す、その繰り返しの毎日ですから、
一つでも欠けると、老化の一途をたどります。

母の場合、まさに、奇跡的な回復力。

脳梗塞で倒れてから9年め。
なんだかんだ言いながら、父やおじさんなど、
あとから病気になった人より長生きしているのは、
女性だからなのか。

いなかの老人ホームは、ボランティアの人が来るわけでもなく、
まったく、刺激のない場ですが、
車でしか動かない冬場にはとくに、
町一番の人口密度かと思うほど、人がたくさんいます。
(4月初めでしたが、春は遠く、冬そのもの)

周りの友だちの親が、どんどん、亡くなっているだけに、
本当は、もっと通いのですが、なにしろ、遠いです。

子どもを遠くに出したくない親の気持ちが、最近よくわかります。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/465-b85d3061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。