Entries

徘徊で事故、介護者に損害賠償責任って?

昨日のニュースですけど。

愛知県で2007年に起こった電車事故。
認知症により徘徊中の男性が死亡し、
JR東海が遺族に損害賠償を求めていたが、
男性の妻に監督責任があったとして、
名古屋高裁は359万円の支払いを命じた。
妻はこれを不服として最高裁に上告した。

この判決はだれが見ても「?」ですよね。
亡くなったのは事故当時91歳の男性。
監護責任を問われたのも、同じ年で、要介護1の妻、って言うんだから、
常識では考えられない判決だと思います。

こんなんじゃ、認知症の人を
自宅で介護しようなんていう人はいなくなりますよね。
24時間見張っているなんて、不可能ですから。

介護保険じゃなくて、
介護者の賠償責任保険が必要ってことかしら。

最近、高齢者の踏切事故もめだって増えた気がします。
高度成長期の都市計画は、高齢者向けにはなっていないためです。
超高齢化社会に向けて、
全面的に街を見直さないといけないのだと思います。

私も先日、慣れないヒールのサンダルをはいて一日歩きまわったせいで、
夕方には足が痛くて、新宿のオフィス街の横断歩道で
立ち往生しそうになりました。
これが自分の近い将来の姿か、と
タイムカプセルのふたを開けた気がしました。

住居も、交差点も、駅の階段も、歩道の極端に狭い道も、
今からユニバーサルデザインに変えないと、
高齢者は一歩も外に出られなくなりそうですよね。




関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/471-519e96e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH