Entries

誰の病気?誰の身体?

ある仕事で、
病気の患者さんのインタビューをしたのですが、

女性の患者さんの話を聞こうと思って連絡したら、
「私はよくわからないから、主人に話を聞いてもらえますか?」
という、びっくりな答え。

よくわからないって、自分の身体のことですから…。

実際に、インタビューの場には夫婦で現れ、
お二人の話を聞くことになったのですが、
多くを、夫が語るので、ちょっと困った。

ご本人も身体の症状や副作用のことは話したかったらしく、
一所懸命話すのですが、その話を、途中から夫が横取りしてしまいます。

いい加減にして、と途中は思ったのですが。

ひととおり最後まで聞いてみると、
このお二人はこれで、案外、うまくいっているのだな、
という印象も受けました。

女性の方は、治療法などについて、あまり関心がなく、
身体が快調であれば問題ないわけです。
症状が落ち着いた今は、余りストレスも感じていないよう。
晴れ晴れとした顔をしているのです。

夫の方がいろいろな本を読み、治療法の勉強もして、
いい病院を探すなどがんばったうえ、入院となれば看病だけじゃなく、
自宅にいる高齢の母の世話もやり、
診察に付き添って、医師の説明でいい話がないと落ち込んでしまう、
という具合で、
精神的にも肉体的にも、心理的にも
いろんなことを、引き受けていたようなのです。

いろんな夫婦がいるな、ということで、
また一つ、勉強になりました。

(最近、フェミニズムとか、ジェンダーとか、
そういうのも、一つの形じゃないなあ、と、思ったり、
はっきり言って、本人たちが幸せなら、どうでもいいやと思うようになってきたんだよね~)

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/513-7f6fb1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH