Entries

時代錯誤

まずご報告から。
胃カメラのみました。
グルジがっだぁ~。

「今日の先生はとても上手ですから」と言われた割には、
6年前に同じ病院で検査したときよりヘタッピイだったぞ。
途中から、涙が出ちゃいました。

でも、結果は良好。胃潰瘍ではなく、胃炎でした。
(もう、痛みはないので、どっちでもいい気はするけど、今まで飲んだ薬はあれでよかったのか?)
皆様、ご心配くださったのに、
たいしたご報告にならなくてごめんなさいね。
胃炎があそこまでひどかったのも、ストレスや疲れが大きな原因だったようで、今後はご心配をおかけしないように節制いたします。

ちなみに、私の胃は、入り口から右側の、せり上がっているほうが、
解剖学的に見て大きいそうで、
食べたものが残りやすい体質だとか。
夜遅く食べるのはよくないですよ、と意外な注意を受けました。

で、今日の本題は、午後の打ち合わせで聞いた話です。
ある広告代理店の女性は、やたら細かくて、
自分の担当サイトの原稿を、勝手に変えたりするんだそうです。
(いますいます、そういう人。だったら自分で原稿書けば?と言いたくなる人が。)
で、その人が、健康関連のコンテンツ記事に、
「女性は生理中はお風呂に入ってはいけません」
と書き加えたとか。
しかもその理由が、「夫も入るので」みたいなことで…。

「私はそんなこと言ってません」と監修者が怒るのも当然。
生理中こそ、清潔を保つべきでしょうが。

時代錯誤じゃ~!!

でも、いまも「生理中の女性は神社の鳥居をくぐってはならない」といって、わざわざ、その脇から入る人、いるんですよねえ。

「女性は男性より後にお風呂に入るもの」という人も結構いますね。
私の母も、もうとっくに閉経したのに、
どんなに遅くても、汚れていても、
息子や孫(男)の後に入っていると言ってました。

土俵に女性が載ってはいけないとか、
トンネル工事に女性は入れないとか、
女人禁制の山とか、
「女は不浄」という思想が生んだ悪しき伝統の名残ですね。

今も、その伝統を守るとか言っている人たち、
女が不浄なら、
いったいあんたはどこから生まれたの、と私は言いたい!

共感してくださった方、
ブログランキング、投票、お願いします!
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=8729
http://blog.with2.net/link.php?226716

by medwriter



関連記事

コメント

[C160] 全くその通り。

時代錯誤も甚だしい。
医療漫画を描いていると、女性の偉大さがよりわかってきます。
日本も女性の首相が誕生するような国になるべきです。

話は変わりますが、ぼくも胃カメラ飲みました。
でも、喉にキシロカインを噴霧しただけで、そのまま医師と一緒に自分の胃を観察しました。
前に飲んだときより、かなり細くなっていて、飲みやすかったですね。
  • 2006-05-20 20:26
  • 山田貴敏
  • URL
  • 編集

[C161] ようこそ!

ワォー! 「Dr.コトー診療所」の山田貴敏さん、ですね。
TV化されたとき、ちょうど、学校事務の甥っ子が奥尻島に赴任(初任地で)することになり、「やだ~」とダダをこねていましたが、
行ってみると、島民が「ようこそ」の旗を持って出迎えてくれたと感激していたので、いつも、甥っ子と重ね合わせてみていました。

ステレオタイプ化されていない女性の描き方ができる方は、日本には少ないですが、コミックは、ある面でとても先を行っていますね。これからも期待しています。
またおいでください。

[C162]

胃炎でしたか~。はっきりわかると、安心度も増しますね(^ ^)

私、単純に物理的な意味で、生理中はお湯に浸からずシャワーだけにする日があります(^ ^;
あ、すいません、お話の主旨がずれてますね(汗)

[C163] 潰瘍でなくてよかったですね

「女は不浄」とか「男尊女卑」など実生活ではなくなりつつあるのに、
いまだにそれがまかり通っている古い体質の組織もあるようですね。

ちなみに我が家では、とっくに立場が逆転して、お風呂も、おいしいものの味見も妻と娘に先を越されております…。^^;)

[C164]

satokichiさん、私も夏はシャワーが多くなりますが、肩こりにはやっぱりお風呂かな。子どもはなるべく父親に入れてもらうのですが、時間帯が合わないので、結局私といっしょということになり、なかなかのんびり入れないのが悩みデス。

かもめさん、2対1では、勝ち目がありませんね。おいしいもの、食べられないよう、がんばってください。

[C165]

Mです☆

Medwriterさんにされても、山田先生にされても、皆さん、重たいテーマを、いつもなめらかに表現したり、話し合ってみえますね。
いや、何かMは、場違いなSiteに、今立っている気がしてきます・・。

お恥かしいのですが、Mは山田先生のお名前は、最近まで全く存じておらず、孤島の医療、までしか知らなかったのです。Mの住んでいるところが分かってしまいますが、山田先生と同郷なのです。それを偶然、知って、先生のSiteにコメントをよせましたら、Heart Careにもお越しくださって、ギャップの違いに、なんだか・・???な、Mです。

また、参ります。

[C166] 胃炎でしたか

 胃潰瘍でなくてなによりでした。 ストレスの体への影響ははかりしれません。お体大事にしてくださいねー。
それにしても生理のとき風呂に入らないなんて・・いったいいつの話じゃ、という感じですね。おっしゃるとおり、生理中こそ清潔を保つべきだし、血流もよくなるので生理痛にも入浴がよいですよね。 あきれるというか笑っちゃう話です。でも、みんなが読むような本にそんなまちがったことを書かれちゃったら困りますね。

[C167]

Mさん、Mさんがご縁で山田先生がこのブログに立ち寄ってくださったのですね。
うれしい限りです。
Mさんと同じで、私もコメントをくださる方がいると、うれしいし、励みになり、コメントがないときは、ちょっぴりさびしい気はしますが、いかにも、コメントしにくいだろうなあと思いつつ書いている話題も多いのですよ。そのとき感じたことを忘れたくないというのが、そういう話題でも書く理由です。

thermeさん、ご心配ありがとうございます。学会の話、興味深く読ませていただきました。アンチエイジングとは何か、というテーマも、深いものがありますね。
(貴ブログへのコメントになってしまいました)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/52-a286acd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH