Entries

腸の風邪?

俳優の今井雅之さんが大腸がんで亡くなられました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

最初に診断された病名「腸の風邪」という言葉が、どうも気になりますが、
かなり一般的に使われているのですね。

これは、感染性胃腸炎のことで、
主にウイルスや菌などの微生物を原因とする胃腸炎の総称、
「ノロウイルス」とか、「カンピロバクター」などをさすのだそうです。




これらの病気も、結構症状が重いし、
高齢者とか体の弱っている人がかかると、さらに、重症になりますけど、
一般に、「風邪」というと、軽い病気のように思えるので、
あまり良い表現とは言えない気がします。

もちろん、感染性であるということでは、風邪と言えなくはないですけど。

以前は、よく、うつ病のことを
「心の風邪」という医師がいました。
この場合は、感染性でもないし、風邪とは全く別の病気ですが、
医師が、「特別な病気でなく、く誰でもかかりうる病気ですよ」ということを印象付けるために
使われていました。
最近あまり使われなくなったのは、
「うつ病」自体を特別視しなくなったせいかもしれません。

いずれにしても、
素人にわかりやすく伝える工夫として、
病名を安易に言い換えるのは、
あまりいいことではないように思います。

故・今井さんが、「腸の風邪」と言われて、
病気を甘く見たということはないと思いますが、
最初の医師の誤診だったのか、
大腸がんの検査が、いつ、どの時点で行われたのか、
気になるところです。

ところで、ステージⅣのがんを
「末期がん」と呼ぶことに、勝俣先生(リンクは右欄を参照)が疑問を呈しています。
私もそう思います。
これは「後期高齢者」と同じで、「先がない」と宣告しているような言葉ですが、
私の周りにも、ステージⅣでがんが寛解し、
5年、10年と生存している方はたくさんいます。

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/523-378b8026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH