Entries

メディカルライター

昨日、日本メディカルライター協会の総会に行ってきました。

最近、この協会の存在を知り、どんなものか、
ちょっとようすを伺いに行ったのです。

この協会は、メディカルライターを次のように定義しています。
「健康・医療に関する専門情報を国民に適切に届けるためには,それを咀嚼しかつ適切な文章の形で発信する専門家が,雑誌・新聞・ホームページ等のメディアによらず必要です。この専門家がメディカルライターです」

そういう専門家を教育する体制が日本にはないということで、
このNPOが5年前に設立されたのだそうです。
この定義だと私もメディカルライターということになるのかもしれませんが、こう名乗るのは気恥ずかしいですね。

昨日の総会では、製薬会社に対して、
メディカルライターをどう育てるかという話(外資系製薬会社のノウハウはさすがにきっちりしたものでした)など、
製薬会社のメディカルライター向けの話が多かったのですが、
日本では製薬会社にもメディカルライターを
専門に教育する体制がまだないということも驚きでした。

そのために、開発された薬の申請に何年もかかってしまったり、
欧米の論文に先を越されることも多いのだそうです。

また、医学情報が一般市民にどう伝わるかも、
大きな問題です。
論文の文章がわかりにくい(文章の書き方、プレゼンテーションの仕方がまるでわかっていない人が多いのだそうです)のもそのひとつです。

現在の日本では、インターネットでたいていの情報が手に入り、
テレビでも毎日、健康情報番組が流されます。
とくにインターネットは対象を専門家とか市民とか、選びませんから、
それこそ情報にだけは平等にアクセスできるわけです。
健康情報番組も、
医療監修のあり方が確立されているわけではありません。
欧米では、そうした番組作りにどうコミットしていくかということも
はっきりしたテーマとして研究されているようです。

日本では、医学情報が、どう伝わるか、が非常に大きな問題です。
雑誌や新聞記事の実例が出されましたが、
調査法の評価や統計の読み方を間違えると、誤解を与えたり、
間違った解釈の仕方で情報が流れ、
市民に混乱をもたらすということがよく起こります。

そういうことがないように、メディカルライターの教育体制をどう作り、どのように教育をするのか、
またそのために必要な情報を提供していく
というのが、この協会の目的ということです。

この趣旨には、全面的に賛成できます。
いずれ会員になろうかなとは思うのですが、
協会の会員は今の段階では
製薬会社や大学関係者が多く、
私のようなライターは少ないようで、
私自身が参加して役立つ講座などは、少ないかもしれません。
(一見して、ライターだなという女性たちも見かけましたが、
私は人見知りな上に、時間の都合で途中で帰ってきてしまったので、
ほかの方とは交流ナシです。)

それでも、仕事に追われるとつい忘れがちな、
メディカルライターの役割とは何ぞや、
ということを考える機会に接し、
参加してよかった~と思いました。

こんな私を応援してくださる方、
ブログランキング、投票、お願いします!
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=8729
http://blog.with2.net/link.php?226716

by medwriter
関連記事

コメント

[C207] おお~!

medwriterさん、こんばんは。
日本メディカルライター協会なんて、あったんですね!知らなかったです。
確かに、ヘルスケア系の媒体は現在数多くあるものの、記者(制作者)のトレーニングは確立されているとはいえない状態ですよね。
記事や番組は、それこそ玉石金剛。健康被害が出たりもしていますし。
9月開催予定のセミナーに出てみたいです。
  • 2006-06-15 19:56
  • あみのっち
  • URL
  • 編集

[C208] ライターの責任

あみのっちさん、私もこんな協会があるとは全然知りませんでした。でも、医療系は、ライターの責任も大きいので、間違ったこと書いてないか、常に、検証しないとね。セミナーは、すぐ役立つかどうか、わかりません。時々、講座があるようなので、そんなときにお会いできるといいですね。

[C209] 連投すみません

medwriterさん、おはようございます。
連投すみませんー。

セミナーのテーマは、確かに「即使える!」って感じのものばかりではなかったですね。なんていうか、お勉強っぽい感じ…?medwriterさんがお書きになっているように、製薬会社や大学関係者の会員が多いからかなーなんて思いました。
でもホント、こういう会でmedwriterさんにお目にかかれると嬉しいです♪
  • 2006-06-16 09:54
  • あみのっち
  • URL
  • 編集

[C210] ぜひ!

あみのっちさん、ぜひぜひ、そのうちに、会いましょう。これは役立つぞ、というものを見つけたら、必ずお誘いします。(今回は私も様子見だったのでできなかったけど)。ブログを通じての仕事もぼちぼち入り始めたので、いずれは、いっしょに仕事ができる間柄になれたら楽しいかも、なんて思っているのですよ。

[C211]

そういう協会もあるんですか。
確かに医学情報と健康情報が入り混じって、本物、ニセモノが分かりにくくなってますよね。
そうしたことがバイブル商法や詐欺まがいがはびこる一因になってる気がします。
メディカルライターの役割が重要になってきますね。^^)

[C212] EBMが口にされる割には

EBM、EBMとみんな言うけど、実際には学会のガイドラインだから、とか、
厚生労働省がこう言ってるから、監修者がOKだから、原稿はこれでいいということも多いんですよね。本物とにせものを見分けるには、何が必要か、それが確立されていない気がします。これはライター個人の力で乗り切れるものではないな、と思ったりします。

[C213] 医療界の不思議

ニセモノと本物の違いって特集欲しいな!!
説明できなくて困ることしばしばです。
悪口いえない上、宣伝苦手な職業柄。
また、新製品回転早くて、ついていけなくなります。
本質本道が、軽んじられて、はやり物でなければ採算取れない現実は、技術を死滅させる事になったり。ライターさんから見ても、矛盾だらけでしょうね。
交流できる場があるってすばらしいです。
  • 2006-06-17 21:38
  • papimam
  • URL
  • 編集

[C214] 悩み多き仕事です

papimamさん、そんな特集ができたらいいですね。
たしかに、ライターも悩み多き仕事です。
先日も、高価な水を売っている会社のかかわる雑誌の仕事が来て、
のらりくらりと、断っているところです。
たとえ商品がよいものであったとしても、不安をあおって商売するのは、ちょっと。雑誌そのものは水の宣伝紙ではないので、問題ないのですが。。。

[C270] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C764] こんなものも

私、メディカルライター協会は知りませんでしたが、メディカルライターズネットというのは知っています。メディカルライターを目指していますが慣れるのかな
http://medicalwriting.wix.com/medical-writers-bank
  • 2014-02-25 11:23
  • M山下
  • URL
  • 編集

[C765] M山下さんへ

コメントありがとうございます!
さっそく、メディカルライターズネットというサイトを拝見させていただきました。こういうところも、あるんですね。メディカルライターズ協会は、だれでも入れますが、新薬のかなり専門的なライター向けだと思います。メディカルライターはとくに資格は必要ないけれど、仕事によって、とくに製薬関係のものは専門知識が必要だと思います。私は、一般のライターから徐々に医療系を増やしましたが、新薬のほうは全然やっていません。
  • 2014-02-25 12:32
  • medwriter
  • URL
  • 編集

[C776] 粗悪なMW会社

株式会社メディ・ファイは、やめておいた方がいい。経営者に知識、ポリシーが全くなくプライドだけがやたら高い。委託者からの資料、要求をそのままスルーするだけ。挙句の果て、ドラフトだけ受け取って気に入らないといって一方的に金を払わない。最低な会社です。そのような会社に登録しないように。また委託しないようにしましょう。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/59-5cb0a1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH