Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/659-be771037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心して観よ 「ハクソー・リッジ」

戦争映画はあまり見ないのですが、
これは、観ておこうかな、
と思ったのは、
良心的兵役拒否者の映画、と書いてあったから。

少し先の6月24日公開です。

「汝、殺すなかれ」という教えを守り、成長したデズモンドは、
国のために戦う友人たちを見て、
「衛生兵」として参戦したいと、兵役試験を受ける。
そして、軍隊に入ることになるが、
断固として、銃を持つことを拒否。
それがようやく認められ、戦地に向かうことになるが…。

戦いの舞台は、
沖縄戦で不落の要塞と言われた
150メートルの断崖「ハクソー・リッジ」(「前田高地」)。

映画前半は、軍隊内で武器を持つことを拒否するデズモンドの戦い。
後半は激戦の中、衛生兵として人命救助に命をかけるデズモンドの戦いを描く。

いや、まあ、
実話に基づくということ自体信じられませんが、
戦争の描写は、リアルすぎて、かなり目を覆ってしまいました。
日本兵がめちゃ強いのは、ちょっと、と思いますが、
戦う相手からすれば、敵兵が強く見えるということで、違和感はありませんでした。

良心的兵役拒否が法的にも認められている権利だということ(アメリカの憲法では)
は初めて知りました。
その部分がかなり丁寧に描かれているので、
見てほしいなと思いました。

(ベトナム戦争のころに、日本にも、
良心的兵役拒否の米兵がいたように聞いていますが、
くわししい事は知りません。)

デズモンド役は、「アメイジング・スパイダーマン」で、
フレッシュな高校生スパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールド。
(ちょっと、染谷将太っぽい雰囲気あるね)

監督、メル・ギブソン。
(DV疑惑があったのが、気になるけど)
CGを使わない映像にこだわっているというところも必見です。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/659-be771037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。