FC2ブログ

Entries

演劇 アニマの海 石牟礼道子『苦海浄土』より

俳優座で上演中の
アニマの海
初日を観てきました。
ほぼ満席でした。

水俣病のことを知らない人にも、とてもわかりやすいストーリーで、
重苦しさだけでない、人間の強さや温かさが、しっかり描かれた作品でした。
ぜひ見てほしい作品です。

新劇というのはかなり久々に観たのですが。

わたしの新劇のイメージは、
ちょっと、お説教じみたせりふが多いというものでしたが、
全然そういうところもなく、

常に笑いをとろうとしたり、観客を驚かせようとする
いまどきの劇団のお芝居よりも、
ストレートに、必要なせりふが流れていて、
よかったです。

互助会の会長さんとして、地元の人々の
お母さん的役割をしている役の佐々木愛さんは、
お歳をめされて
昭和の名優で、お母様の、
鈴木光江さんの生き写しのようになっておいででした。
母娘でああも似るものかと。

人はなぜ、生まれてくるのか。
人として許されないことは何か。

患者さんたちの言葉でできない言葉を、
声にならない声を
「悶え神」である石牟礼さんは、書き続けた。

そこには、苦難をいき続ける患者さんたちへの敬愛と信頼と、
たった一人になっても闘うという決意があった。

効率と、お金だけで動いていく今の社会に、水俣は問いかける。
水俣病はまだ、終わっていないのではないか、と

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/751-d813cc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH