FC2ブログ

Entries

長崎平和宣言の作られ方

今年も、長崎平和宣言には感動しました。

今年の宣言は、被爆者の女性の詩から始まります。

【原爆は人の手でつくられ、人の上に落とされ、人の意志によってなくすことができる。
その「人の意志」が生まれる場所は、まちがいなく、私たち一人ひとりの心の中です。】
長崎平和宣言は、いつも、私たち市民一人ひとりに語りかけてきます。
【小さな声の集まりである市民社会の力】
について、
【私たち一人ひとりの力は、微力ではあっても、決して無力ではないのです。】

こういって、核兵器禁止条約に背を向ける日本政府を批判し、市民一人ひとりにできることがある、と訴えるのです。

私は毎年、この8月9日の
田上富久長崎市長の宣言に勇気づけられています。

この市長さんは、なぜこういう宣言文がかけるのだと思っていたのですが、
市のホームページを見ていて、その秘密がわかりました。

この宣言は、毎年、市民が集まって平和宣言文起草委員会を作り、
そこで宣言が作られているのだというのです。
市長の意思がもちろん、中心に行かされているものの、
表現の仕方は、いろいろな市民の声を聞きながら作られているということです。

なるほど。
だから、こういう市民の立場に立った宣言がつくられるのですね。

まあ、それに引き換え、と
比べるのも恥ずかしいのが、安倍首相の、毎年コピペの中身も
気持ちも入っていない挨拶です。

心があるなら、被爆者の前で、
「核兵器は必要です」「原発も大好きです]と堂々と本心を言って
くれる方がまだましです。







関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/759-72e9e1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH