Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C359] やっぱり・・本音だよね

ウスウス分かっていましたよ。子供を産め産め言っておきながら、産んだとたんに。「禁断の木の実を食べただろう・・子供産んでりゃ証拠は歴然だ。子供を産んだ罰として、仕事は取り上げ、給料は差し止め、これからただ働きしてもらうからな!」って、厚労省の本音。
でも、学校で、男女平等って習ったから、きっとダーリンも一緒だ・・・・と楽観していたのは、見事に裏切られました。・・・って、娘に伝えたら、子供産まないだろうな~。
柳沢少子化爆進大臣です。子供を産むと痛い目に会うぞ~。
でも、可愛いから・・楽しいから・・産んでね!!ビンボーにも成れる!

[C360]

papimamさん、うちの子はこのニュースを見て、「なに~!?」とかなり敏感に反応していました。子どもの目は欺けない…。私は、さっそく、今日、提出される辞任要求に賛同署名を送りました。

[C361] ほんとほんと!!

 まったく腹立たしい限りです. いつも時代もこういう人が出てきますね.全く「機械」に例えるなんて非常識です!絶対たたかれるのにこんなこと言っちゃうなんておバカです.本音が出たとしか言いようがありません.
 少子化対策もパッとしないし,日本の政治には何も期待できません. 
 

[C362] 呆れた

21世紀に入っても、まだこういうことを平気で言う人がいるっていうことにビックリ。呆れました。しかも厚生労働大臣のご発言……。あ~あ、という感じです。辞任やむなし、という流れになってきているみたいですが、マジでもう政治に携わらないで欲しい。
少子化対策について、女性議員も関わっているはずなのに、なぜこう、意識がズレズレのままなんでしょうかね。。
  • 2007-02-01 00:47
  • あみのっち
  • URL
  • 編集

[C363] 首になりそうもないし

thermeさん、あみのっちさん、大臣は首になりそうもないですね。
いや~、本当に、日本は「失言」「暴言」に甘いというか。
どうせ、そんなもんだ、というあきらめムードがすぐでてきますね。代わりの人といってもねえ、高市早苗なんか、女の顔した男だし…。山谷さんは、もっとすごいこと言いそうだし。
「欧米か?」じゃないけど、海外なら、即刻首ですけどね。

[C364]

これから、いったいどんな仕事をする為に柳沢さんが大臣職に留まる意味があるのか、厚労省の少子化会議議事録読んできたんだけど・・・寒い・・・。
夫の家事分担時間と出生率に明らかな相関がある。と、言いながら、家事分担時間は殆ど増えてない。欧米に比べてお寒い結果。盛んに調べている就業率と出生率にははっきりとした相関が見られず、正社員かパートかのデータ分析もあいまい。家族の支援においては、祖父・祖母優位。夫は殆ど有意な結果を見ない。
びっくりした~。調査項目から再検討したほうが宜しいかも・・・・
男性結婚数も無視している。夫婦単位ではなく女の数だけ見てる。
まさに、産める女の数だけ数えてた。・・・・・・・だから・・・あんな事言っちゃったんだね~。男性や社会が何処まで支えたらよいかなんて視点は???無い。
別世界の委員さんの会議だよ~。子供産んで育てた事ある人の生の声は、どこに言っちゃうんだろう・・・・・

[C368] 残念!

papimamさん、愛知県知事選、残念でしたね。これで、厚生労働大臣の居座りを許すことはできません。
でも日本の少子化の流れは、大臣や政策の一部が変わったくらいでは、とどまらないでしょうね。産める女の数だけ数えてくるクセに、児童扶養手当をなかなか出さなかったり、生活保護の母子加算削ったり、母子家庭切捨ての政策はすすめて。離婚したくてもできない女性が増え、夫からのDV増える…この悪循環に誰も気づかないのでしょうか。こんな国を愛せって、どの口で言ってるんだ~。

[C372] 年齢が年齢ですから。

中年以上(40歳以上ぐらい?)の男性諸氏は仕事が中心ですから、こういう発想になるんですね。
麻酔科には女医も多いのですが、とある病院で「夜間に麻酔をかける手術があると家庭に支障が出る」という発言をした女医さんが、部長クラスの50前後のベテラン外科医たちから仰天凝視されていました。他病院にも噂が広まって「それならそういうことをしなくてすむ病院に就職すればいい」との結論に達しておりました。
これが現実ですね。みなさん、今女性医師は3割を超えております。どう思われますか?「医者は患者のために夜間休日も働け」って言ってしまっていいのでしょうか?それとも医者は男性でないと務まらないとでも?
医療崩壊がドミノになっていますが、男性・女性医師関係なく、家族との時間を作って欲しいものです。男女雇用は医療界では均等のはずですが、環境が男性中心社会のままなんですねぇ。もちろん我々に医師免許をくださる厚生大臣も立派な仕事人間 in 男性中心社会ってことです。謝罪すればするほどあらが出るのは浮気の言い訳とおなじでどつぼっす。
ちなみに私は2児の父で、不必要と判断したときにはドライに帰らせていただいています。これは両親と別居をするなら基本中の基本ですから。「じゃあ両親と同居しないのが悪い」って?いやぁ、部長様、世の中では男女家事均等法が・・。

[C373] ようこそ!

脳外科見習いさん、ようこそ。
またまた、柳沢厚生労働大臣の、「子ども二人希望=健全」という発言に、怒り心頭です。脳みそがこう着状態で、何を怒られてるのか、わからないんでしょうね。
医療の現場も、一筋縄ではいきませんね。「出産を機に仕事をやめた女性医師の職場復帰に支援策」というニュースを最近見ましたが、今まで、なかったことに驚きでした。有能な人材をみすみす逃していたんですね。患者としても、家事・育児に無関心なドクターには、女性の患者の気持ちはわからないのでは?と思います。日本もノルウェーをまねして、パパ・クォーター制度(父親も育児休暇をとらないといけない制度)をつくらないと、だめかも。
これからも、貴重な育児参加パパとして、がんばってください。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/86-7988bfbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

厚労相、口が滑ったですまないぞ

昨日のニュースから。

柳沢厚生労働大臣が、少子化問題に触れ、
「15=40歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているからあとは一人頭でがんばってもらうしかない」と発言。

申し訳ないと謝ったというが、口が滑ったではすまないぞ。
ホンネがポロリと出ただけの話で、女性を子を産む機械と思っているのだろうと言われてもしかたがない。

その考えが、どれだけ、女性を生きにくくしているか、
わからないのだろうか。
結婚すると、「赤ちゃんはまだ?」
一人生まれれば、「次はいつ?一人っ子はかわいそうよ」と
さも、親切そうに忠告され、
心の中で、「none of your business!」
と叫んでいる女性は、大勢いる。


今日は、そうとう頭に来ているので、
続きを読む前にブログランキング、投票、お願いします!

http://blogranking.fc2.com/in.php?id=8729
http://blog.with2.net/link.php?226716

もし、そういう現実がなくて、産まない女性がありのままに受け入れられたとしたら、今のように「不妊治療」が広がるだろうか。

だいたい、産め、産めと言っておいて、
産めるような社会じゃないだろうが!
仕事はやめなきゃいけないし、育児休暇も民間にはないも同然だし、
保育園で働いている友人でさえ、
3人目の子は、2年待ってもとうとう公立保育園に入れられず、高いお金を出して、民間に預けている。

いや、それ以前に、地方には、
出産できる産婦人科がない、と言うではないか。
これじゃあ、地方に住んでいる人は、
安心して産める環境どころではない。
里帰り出産と逆に、都会に出てきて、
「ホテル待機出産」でもしなければならなくなるだろう。

女を子産み機械と思っているのは、もちろん、
厚生労働大臣だけではない。
「お世継ぎ」問題に一喜一憂している人や、
更年期を迎えた女性を「女でなくなった」とか、平気でいう人。
そこのあなた様ですよ。

それでも、少子化対策の責任者である厚生労働大臣の発言は重い。
こんな大臣一人、辞めさせられないようなら、
この国も危ないなあ。

そんな時、もうひとつのニュースが目に付いた。
「老後に夫と暮らすと、妻の死亡リスクが約2倍に高まる――。そんな調査結果を発表した愛媛県総合保健協会の藤本弘一郎医長が愛媛医学会賞に選ばれ、28日に松山市で授賞式があった。」(朝日新聞)
というもの。

愛媛医学会は、いいことしましたね。
女性は老後も命を削って、男性のお世話をしている、
という現実に目を向けたのです。

こういう話になると、世の男性は、
「うちの場合は、ボクのほうがお世話をしている」とか
「一生懸命働いて食わしてやったんだから、そのくらいは」とか
言うのが目に見えている。

問題は、個人的事情や感情ではなく、
統計という客観的事実、
そして女性にかかる精神的肉体的負担という事実なのです。
その正しい事実認識ができないような人は、
(ちゃんと、それまでの無償の家事労働分にお金を払って)
早く離婚でも何でもして、一人で暮らしなさい。

うちのダーリンも、ず~っといっしょにいられると思っているようだけど、それは甘いぞ。
私の夢は、老後は、気心の知れた友人たちと、
のんびり、グループホーム。
どうなるかは、これからの、あなた次第なんだからね。

ま、そういうわけで、
柳沢大臣の行方とともに、
愛媛医学会がこの事実に対して、どんな対策を提案するのか、
見守ることにします。

by medwriter
関連記事

コメント

[C359] やっぱり・・本音だよね

ウスウス分かっていましたよ。子供を産め産め言っておきながら、産んだとたんに。「禁断の木の実を食べただろう・・子供産んでりゃ証拠は歴然だ。子供を産んだ罰として、仕事は取り上げ、給料は差し止め、これからただ働きしてもらうからな!」って、厚労省の本音。
でも、学校で、男女平等って習ったから、きっとダーリンも一緒だ・・・・と楽観していたのは、見事に裏切られました。・・・って、娘に伝えたら、子供産まないだろうな~。
柳沢少子化爆進大臣です。子供を産むと痛い目に会うぞ~。
でも、可愛いから・・楽しいから・・産んでね!!ビンボーにも成れる!

[C360]

papimamさん、うちの子はこのニュースを見て、「なに~!?」とかなり敏感に反応していました。子どもの目は欺けない…。私は、さっそく、今日、提出される辞任要求に賛同署名を送りました。

[C361] ほんとほんと!!

 まったく腹立たしい限りです. いつも時代もこういう人が出てきますね.全く「機械」に例えるなんて非常識です!絶対たたかれるのにこんなこと言っちゃうなんておバカです.本音が出たとしか言いようがありません.
 少子化対策もパッとしないし,日本の政治には何も期待できません. 
 

[C362] 呆れた

21世紀に入っても、まだこういうことを平気で言う人がいるっていうことにビックリ。呆れました。しかも厚生労働大臣のご発言……。あ~あ、という感じです。辞任やむなし、という流れになってきているみたいですが、マジでもう政治に携わらないで欲しい。
少子化対策について、女性議員も関わっているはずなのに、なぜこう、意識がズレズレのままなんでしょうかね。。
  • 2007-02-01 00:47
  • あみのっち
  • URL
  • 編集

[C363] 首になりそうもないし

thermeさん、あみのっちさん、大臣は首になりそうもないですね。
いや~、本当に、日本は「失言」「暴言」に甘いというか。
どうせ、そんなもんだ、というあきらめムードがすぐでてきますね。代わりの人といってもねえ、高市早苗なんか、女の顔した男だし…。山谷さんは、もっとすごいこと言いそうだし。
「欧米か?」じゃないけど、海外なら、即刻首ですけどね。

[C364]

これから、いったいどんな仕事をする為に柳沢さんが大臣職に留まる意味があるのか、厚労省の少子化会議議事録読んできたんだけど・・・寒い・・・。
夫の家事分担時間と出生率に明らかな相関がある。と、言いながら、家事分担時間は殆ど増えてない。欧米に比べてお寒い結果。盛んに調べている就業率と出生率にははっきりとした相関が見られず、正社員かパートかのデータ分析もあいまい。家族の支援においては、祖父・祖母優位。夫は殆ど有意な結果を見ない。
びっくりした~。調査項目から再検討したほうが宜しいかも・・・・
男性結婚数も無視している。夫婦単位ではなく女の数だけ見てる。
まさに、産める女の数だけ数えてた。・・・・・・・だから・・・あんな事言っちゃったんだね~。男性や社会が何処まで支えたらよいかなんて視点は???無い。
別世界の委員さんの会議だよ~。子供産んで育てた事ある人の生の声は、どこに言っちゃうんだろう・・・・・

[C368] 残念!

papimamさん、愛知県知事選、残念でしたね。これで、厚生労働大臣の居座りを許すことはできません。
でも日本の少子化の流れは、大臣や政策の一部が変わったくらいでは、とどまらないでしょうね。産める女の数だけ数えてくるクセに、児童扶養手当をなかなか出さなかったり、生活保護の母子加算削ったり、母子家庭切捨ての政策はすすめて。離婚したくてもできない女性が増え、夫からのDV増える…この悪循環に誰も気づかないのでしょうか。こんな国を愛せって、どの口で言ってるんだ~。

[C372] 年齢が年齢ですから。

中年以上(40歳以上ぐらい?)の男性諸氏は仕事が中心ですから、こういう発想になるんですね。
麻酔科には女医も多いのですが、とある病院で「夜間に麻酔をかける手術があると家庭に支障が出る」という発言をした女医さんが、部長クラスの50前後のベテラン外科医たちから仰天凝視されていました。他病院にも噂が広まって「それならそういうことをしなくてすむ病院に就職すればいい」との結論に達しておりました。
これが現実ですね。みなさん、今女性医師は3割を超えております。どう思われますか?「医者は患者のために夜間休日も働け」って言ってしまっていいのでしょうか?それとも医者は男性でないと務まらないとでも?
医療崩壊がドミノになっていますが、男性・女性医師関係なく、家族との時間を作って欲しいものです。男女雇用は医療界では均等のはずですが、環境が男性中心社会のままなんですねぇ。もちろん我々に医師免許をくださる厚生大臣も立派な仕事人間 in 男性中心社会ってことです。謝罪すればするほどあらが出るのは浮気の言い訳とおなじでどつぼっす。
ちなみに私は2児の父で、不必要と判断したときにはドライに帰らせていただいています。これは両親と別居をするなら基本中の基本ですから。「じゃあ両親と同居しないのが悪い」って?いやぁ、部長様、世の中では男女家事均等法が・・。

[C373] ようこそ!

脳外科見習いさん、ようこそ。
またまた、柳沢厚生労働大臣の、「子ども二人希望=健全」という発言に、怒り心頭です。脳みそがこう着状態で、何を怒られてるのか、わからないんでしょうね。
医療の現場も、一筋縄ではいきませんね。「出産を機に仕事をやめた女性医師の職場復帰に支援策」というニュースを最近見ましたが、今まで、なかったことに驚きでした。有能な人材をみすみす逃していたんですね。患者としても、家事・育児に無関心なドクターには、女性の患者の気持ちはわからないのでは?と思います。日本もノルウェーをまねして、パパ・クォーター制度(父親も育児休暇をとらないといけない制度)をつくらないと、だめかも。
これからも、貴重な育児参加パパとして、がんばってください。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/86-7988bfbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。