Entries

恥ずかし

きのう、友人から借りていた本を返そうと思い、
バッグに入れてあったので、電車の中でぱらぱらめくっていたところ、

気づいちゃいました。

聖路加病院って、セイロカじゃなくて、セイルカと読むんだったのね!

その本は、中高生向けに書かれた本で、ルビが振ってあったのです。

いや~、冷静に考えれば、
聖書とかそっち方面(苦手)のルカの当て字なんだし、
不妊専門のセントルカ産婦人科という病院もあるんだから、
わかりそうなものなのに、
いままで、ずっと、セイロカ病院と呼んでました。

友達との会話でも、
結構、頻繁に話題に出ていたんだけど、
誰からも間違いを指摘されなかったなあ。

あそこの看護大学の先生を取材に行ったこともあった。
助産師学会の話だったかなあ。
そのとき、指摘されなかったのは、
改めて病院名をいわなかったせいなのか…。

間違いは、気づかなければ、恥ずかしさもありません。
恥というものは、そういうものなのね。

ま、いいか。済んだことだし。

校正の仕事では、そうはいきません。
以前、月刊誌の校正をやっていたことがあって、
大きなミス、やっちゃいました。
それは、アイドル雑誌だったのですが、
神田うのさんが新しい髪型にしたという どうでもいい話で、
前髪をまっすぐ切った髪型なので、見出しが「パツンヘアー」
だったのですが、
「パンツヘアー」となっていた間違いを見逃してしまって。
そのまま大きな文字で印刷されちゃいました。

あれは、かなり怒られたなあ。
事務所からクレームがきたとかいって。
厳しい出版社だと、校正ミスすると、
校正者はペナルティを要求されるのだけど、
そこまではいきませんでした。

世の中に何の影響もない、どうでもいいことを間違えて、
怒られても、ぜんぜん応えませんね。

医療系の新聞で校正ミスしたときは、
(図解の矢印の方向を間違えているのに、見逃した)
自分でも、ちょっと反省しました。
ことの重大さがわかっているから。

といっても、医療ミスそのものとは
重大さにおいて、比較にならないけど。
(居直りの論理)

そういえば、結局、居座ってしまった柳沢厚生労働大臣。
あの人も、なんで怒られているのか、わからないから、
恥ずかしくもなんともないんだろなあ。

しかも、今の大臣の中では、まだましなほうで、
ホワイトカラーエグゼンプションの導入に反対したのも
あの人だと聞くと、出るのはため息ばかり。

心の中では、きっと、
(もっと悪い奴=庶民に実害を与えている人がいるのに、
なんでオレばかり、責められるんだよ~)
と思っているんでしょうね。

恥と居直りは、人生につきもの、という
とりとめない話でした。

ブログランキング、クリックお願いします。

人気ブログランキング

FC2ブログランキング
関連記事

コメント

[C383] ま、いっか。

そうなんですか!
私もてっきり『セイロカ』と思っていました。
TVアナも結構、間違って言ってません?
パンツヘアーは面白かったですね。
でもパツンヘアーも負けず劣らず…変です。(笑
間違いやカン違いでも堂々と何度も言われると、
「ま、いっか、意味が通じていれば細かなことは…。」
と、妥協するほうですね、私は…。
校正者にはなれませんね。(笑
ところで各停深刻終わりました?
  • 2007-02-25 10:52
  • かもめ
  • URL
  • 編集

[C384]

かもめさん、
かくてい申告、まだ終わりません。
仕事が入ると中断して、と、本当に各停深刻になってます。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/90-35a0820a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH