Entries

タミフル報道に思う

インフルエンザ治療薬タミフルを服用した子どもが、ビルから転落死するなど、異常行動が問題になっています。
厚生労働省は、2月28日、服用に関する注意を促す発表をしました。
もともと、タミフルと異常行動に明確な因果関係はない、という根拠として挙げていたのが、小児科医による厚生労働省の補助研究報告ですが、これを読めばわかるとおり、

<以下抜粋>
今回の調査が厳密な時間的推移について記載するようにな
っていなかったので、タミフル内服と異常言動発現の時間的差異に
ついての検討が行えなかった。次回の調査はこの点を追究するもの
にすべきであると考えられた。


異常行動は、タミフル服用と非服用では、
有意差は見られなかったけれども、
異常行動が見られた患者の場合、それが、服用前であったか服用後であったかを詳しく調査していないという、
ちょっと、研究方法に問題が残るものだったようです。

また、
<以下抜粋>
・多重解析の結果、タミフルと異常言動、けいれん、熱性けいれん、
意識障害出現の関連には明らかな有意性はなかったが、明確な結論
を導くためには今後の検討が必要である。


と、結論を出したわけではありませんでした。

こういうことは、薬を出した患者さんに説明されていたのでしょうか。

こんなブログ記事も見つけました。


私は医師ではありませんから、
今、タミフルそのものを問題にする立場にはないのですが、
インフルエンザ治療薬として、タミフルが、全世界の75%も、
この日本で使われているという数字に、ちょっと驚きます。

本音を言えば、インフルエンザで38~39度の熱が出たからといって、
わりと簡単に治療薬を出す医師は、あまり歓迎できません。

ある小児科医の取材をしたときも、
「高熱が問題になるのは41度以上で、それ以下であれば、熱だけなら、熱を逃がす処置(頭よりは、手足、わきの下などを冷やして熱を逃がしてやる)をするだけでよい。意識が混濁していたり、顔色が青い、痙攣を起こす、といった場合には髄膜炎などの恐れがあるので、病院へ」
と聞きました。

タミフルは、新型インフルエンザの治療薬として使えるかも知れないということで、日本ではかなり備蓄しているようですが、これも、「かも知れない」のであって、確実ではありません。

薬である以上、しかも効果の高い薬であればあるほど、副作用も強いというのは常識です。
しかし、医療関係者には常識だからこそ、
患者に詳しく説明されていないのかもしれません。

ちなみに、私の場合は、副作用と効果のバランスを考えると、
今のところ、家族にも、
インフルエンザワクチンも必要ないと思っています。

そのぶん、にんにくをはじめ、免疫力を高める食べ物をたくさん食べるようにして、何とか今年も冬を乗り切りました。

よほど、ひどい状態でなければ、
家で寝ていれば治ってしまうのがインフルエンザです。
タミフルを服用して、
子どもを亡くした親の、「なぜ?」という疑問に、
医療関係者はきちんと答えなければならないと思います。

ブログランキング、クリックお願いします。

人気ブログランキング

FC2ブログランキング
関連記事

コメント

[C388]

ある医師がラジオで話していました。
「インフルエンザにかかったとしても、生命に危険が及ぶ可能性があるのは乳幼児と高齢者であり、それ以外の方にはタミフルを使用しなくても死亡にいたるケースはほとんどないと思う。異常行動との因果関係がはっきりしない以上、自分はよほどのことがない限り使わない。」と…。
私も、基本的にはこのスタンスがベターだと思います。
全世界の75%のタミフルを日本で使っているのですか。
いずれにしても日本はクスリ、使いすぎてる気がしますね。
  • 2007-03-05 20:48
  • かもめ
  • URL
  • 編集

[C389] 言わせて頂くと

薬や点滴でスカッと治ると信じている人が多いのも問題でないでしょうか?
私は、夜間に風邪で来た人には薬は一剤しか出しませんし、電話相談が午前1時以降にあった場合、「今から来られるよりも家で静養されたほうがいいですよ」といいます。夜中に来られても聞くこととやること、出す薬は限られている。
タミフルは私は仕事を持っていて早く治りたい人には出します。「3日ほど短くなるだけですが、どうでしょう?」と言いながら・・。
みなさんの薬は、いる薬ですか??
  • 2007-03-05 21:13
  • 外科見習い
  • URL
  • 編集

[C390]

本当に必要な薬だけにしたいですね。私はふだん薬をのまないせいか、たまにのむと、よく効きます。
かもめさん、やっぱり75%は、おかしいですよね。
外科見習いさん、確かに、病院へ行って、薬を出してくれないと、なんか、損したような気持ちになるのかもしれません。医師より製薬会社が儲かっているという日本の医療、やっぱりヘンかも、ですね。
  • 2007-03-06 09:11
  • mewriter
  • URL
  • 編集

[C391]

小児に対する治験は実行困難なので
ほとんど全部の薬剤について
小児の安全性は未確認です
確認できている薬の方が例外的です
全国民にゼヒ周知していただきたい
確認されていると思う方が現実にそぐわないのです
  • 2007-03-06 22:16
  • いのげ
  • URL
  • 編集

[C392]

いのげさん、コメンとありがとうございます。
小児の薬のこと、言われてみればそうですね。でも、親は、だからあきらめろと言われてもあきらめられるわけでは、ありません。子どもに薬を飲ませるときは、医師の説明をよく聞くこと、いや、その前に、よい医者を選ぶことから始めなければいけないのかもしれません。
  • 2007-03-08 13:31
  • mederiter
  • URL
  • 編集

[C395] 子供には

 やはり自分の子供にはどんな薬でもなるべく飲ませたくない,と思います.薬の主作用には必ず副作用があるからです. でももちろん必要な場合には飲ませますけど. 風邪に薬はない,というのが正しいところです.結局のところ症状をちょっと軽くしたりしてその場をしのぐって薬が多いわけです. 治すのは自分の免疫力なわけです.
 でも,大人にタミフルは効くと思います.私自身インフルエンザの診断後内服して一晩で熱が下がりました.妊娠中にも2日間飲みましたが何事もなく子供生まれました. 前述の方のように大人の場合はOKかと思います. でも,やっぱり子供には要注意だと思います.

[C396] お仕事柄…

thermeさん、お仕事柄、家で寝てられませんから、大変ですよね、お医者さんは。私は、しばらくインフルエンザにかかってないので、どんな薬を処方されていたのかも、覚えていません。
うちでは子どもは、中耳炎になって以来、風邪のときは耳鼻科へ行くことが多くて、抗生物質は小さい頃から使いました。保育園のころは、休まれるとこちらが困るので、家で治せるようなものも、すぐ、薬に頼ってましたね。反省してます。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medwriter.blog45.fc2.com/tb.php/93-17937031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH