Entries

強制不妊で放射線照射容認

東急新聞はじめ、各紙に
旧優生保護法下での不妊手術に関して、
京都大学が学術目的で、放射線による不妊処置を申請し、承認されていたことが明らかになりました。

強制不妊は、当事者が名乗り出て裁判になっているのですが、
強制不妊手術という人権侵害だけでなく、
人体実験の対象にもされていたという、ショッキングなニュースです。
京大は資料がないと言っているそうですが、
放射線技師や医師、女性医師を医療放射線による不妊から守るための実験にされたのではないか、
という疑いもあるのですから、
現行の医学会全体が、真相究明を要求すべき問題だと思います。

森友事件も、国会議員全体、もちろん国会への偽証であったと思いますが、
それと同じですよ。

怒るべき人が、もっと怒らないのといけないよね。



道端アンジェリカさんのカミングアウトに拍手

モデルの道端アンジェリカさんが、
皮膚の病気、「乾癬」(かんせん)であることをカミングアウトしたことに、
心から、拍手を送ります。

「乾癬」という病気は皮膚病で、かゆみが出て皮膚が赤くなり、
それがかさぶたのようになり、ポロポロとはがれおちます。

私は、仕事で、皮膚科学会の
この病気の治療法の学会セミナーのまとめをしたり、
患者さん向けのサイトの原稿作りをした事がありますが、
患者さんの多くが、
「完治しない、と医師に言われ、絶望的になった」とか、
「うつるのでは?と思われているのがつらい」
「家でも、私が最後に風呂に入るように,自分からしている」といった
だれにも言えない悩みを語っています。
ちなみに、うつる病気ではありません。

治療法は、生物学的製剤の登場により、
劇的に効果が出ているというのですが、
高価であったり、副作用の問題、
地方のほうでは専門医がいなくて処方(注射)してもらえないとか、
むずかしい問題もあるようです。

そんななかで、「見た目」の評価がすべて、
といわないまでも、大きな要素になるモデルという仕事の
アンジェリカさんが、この病気をカミングアウトするには、
すごく勇気のいることだったと思う。
皮膚のケアも人一倍、努力がいるでしょうし、
日本という国は、人の弱みを見つけたら
喜んで攻撃する人がたくさんいますからね。

頑張れアンジェリカ!
生き方のモデルとしても、応援します!







福島原発訴訟地裁勝利

前橋地裁に次ぐ、快挙です。

これでも、再稼働進めようとするのが
自民党、希望の党。
とくに、
原発ゼロを掲げながら、再稼働を認めるという小池百合子さんには、
だまされないで。


続きを読む

謝罪、補償の前に真相究明でしょう

宇都宮市の障害者施設での、入所者への暴行事件。
施設長が、テレビで「謝罪と補償」を口にしていることに、
違和感を感じます。

その前に、まず真相究明すべきです。
なぜ、そんなことになったのか。
それがわからないと、また同じ事件が起きるのでは?

これからの時代、障害者施設に限らず、
だれもが高齢者施設に入るかもしれません。
そういう施設の実態調査は外部の人の手によって
適切にやっていかないと、安心して入れませんよね。

高齢者、75歳以上に変更?

ハイビスカス

うちの子、なぜか真冬になると花をつけます。
でも、一日しかもたない。
なので、咲きそうになったら、出窓から部屋に入れます。

ところで、日本老年学会と日本老年医学会が、
現在「前期高齢者」「後期高齢者」と定義されている65-74歳、75-89歳を、
それぞれ「准高齢者」「高齢者」とすることを提言したそうです。

このところ、「高齢者の食事」の本の仕事や、
ロコモーティブシンドロームの啓発記事の仕事を
していたので、
医学的に、昔の65歳と今の65歳は大分違う、というのはわかります。
また、「後期高齢者」という、心ないネーミングが消えることは歓迎です。
しかし、


続きを読む

  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH