Entries

映画『手紙は覚えている』

う~ん。秀作!
今しかつくれない、今見てほしい映画。
『手紙は覚えている』
10月28日公開。

認知症が始まっている90歳のゼヴは、
同じ老人施設の友人、マックスが書いてくれた手紙を頼りに、
アウシュヴィッツ収容所で家族を殺した犯人を探しに行く。

続きを読む

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」

10月29日公開

宮沢りえ主演。
「ステージⅣの末期がん」で余命2カ月と宣告された主人公、双葉(ふたば)は、
死ぬ前にやらなければいけないこと、を次々に始めていく。

銭湯、「幸の湯」は、夫(オダギリジョー)が1年前にふらりと家を出てから休業中。
パートで働きながら娘を育てている双葉。
ある日パート先で倒れて病院で、ステージⅣの末期がん。膵臓から全身に転移している、という。
(あ~、だから、医者が、ステージⅣの「末期がん」と患者に言うのは、やめてよ~。)

とはいえ、徐々に体力がなくなっていく双葉が、
やっておかなければならないこととは?





続きを読む

映画「歌声にのった少年」

アメリカン・アイドルのアラブ版「アラブ・アイドル」に出場し、
2013年に優勝した
ムハンマド・アッサーフ
という青年の実話を元にした映画。

9月24日公開。

続きを読む

映画「ジャニス リトル・ガール・ブルー」

「ジャニス リトル・ガール・ブルー」

『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』main
(c) 2015 by JANIS PRODUCTIONS LLC & THIRTEEN PRODUCTIONS LLC. All rights reserved.

9月10日(土)より、シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
配給:ザジフィルムズ

米軍のハウスを女友達4人でシェアしていた19歳のころ、
私はいつも、「PEARL!」を聴いていた。
中でも「ミー・アンド・ボビー・マギー」の
「自由ってことは失うものが何もないこと」というフレーズが気に入っていた。

そんな、大好きなジャニスの映画ができた。
「ジャニス リトル・ガール・ブルー」






続きを読む

「ビニールの城」 デンキブラン飲みたい

もりた


唐十郎の作品を、蜷川幸雄演出で、
森田剛主演の舞台が決まっていましたが、
蜷川さんが亡くなって、追悼公演ということになりました。

わたしは当然、剛君目当てでいきましたが、
想像以上に大満足でした。

生身の人間との関係をうまく築けない腹話術師の男と、
ビニ本のモデル(宮沢りえ)の、からみあえないけれど、確かに隣り合わせている関係、かな。





続きを読む

  

Extra

最近の記事

お気に入りに追加

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  
     
    ★お母さんライター応援ショップ★
  
  
  
    デル株式会社
  
    ドクターシーラボ
  
    MoMAオンラインストアジャパン
  
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
  
    SEARCH